@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マジャパヒト朝【マジャパヒトチョウ】

デジタル大辞泉

マジャパヒト‐ちょう〔‐テウ〕【マジャパヒト朝】
Majapahit》13世紀末から16世紀初頭まで、インドネシアのジャワを中心に存続したヒンズー教王朝。シンガサーリ朝の王族ラーデン=ビジャヤが、の侵略を撃退して建国。首都はマジャパヒト。1518年、ジャワ北部のイスラム土侯(どこう)に滅ぼされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マジャパヒト朝
まじゃぱひとちょう
Majapahit

1293年から1520年代まで、インドネシアの東部ジャワ州を中心に存続したジャワ人の古王国。1292年、トゥマプル(マランの近く)に都したシンゴサリ王国の王クルタナガラを殺害し、その国を奪ったダハ(ケディリの近く)のクディリ朝の王ジャヤカトワンが、93年に元(げん)軍とシンゴサリ軍の連合軍によって撃滅されると、クルタナガラの女婿ビジャヤは元軍を討ち、これをジャワから退散させ、マジャパヒト(モジョクルトの近く)に都して新王国を創始した。彼の即位名はクルタラージャサ・ジャヤワルダナ。第4代のハヤム・ウルク(在位1350~89。即位名はラージャサナガラ王)のときがこの国の黄金時代で、プラパンチャの手で有名な史詩『ナーガラクルターガマ』が書かれた。そこには都城の構造、宗教、政治など当時の記述が多い。たとえば、大王は神格化され、その支配はジャワの東部と中部に及び、各地の城はすべてその王族によって占められ、一時はその支配が周辺の島々まで及んだ。第7代のクルタウィジャヤ(在位1447~51)の死後は、イスラム教がジャワ北岸の海港都市デマクを中心に広まり、混乱のなかに滅亡した。この国では東部ジャワ州のカウィ山南西麓(ろく)のパナタラン寺院(1369造営)がとくに石造建造物として有名である。

[仲田浩三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マジャパヒト朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マジャパヒト朝の関連情報

関連キーワード

マジャパイトマジャパヒト王国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation