@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マジャール族【マジャールぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マジャール族
マジャールぞく
Magyar
ハンガリーの基幹住民。フィン=ウゴル語派系のハンガリー語を話す。マジャール族の原郷はカマ川流域とされ,5世紀初頭に南に移動を始め,800年頃にはドン川下流域に進出,さらに西進して 896年には現在のハンガリーの地 (ドナウ川左岸) に達した。元来牧畜生業とする民族であったが,移動時代,ブルガール人との接触によって農耕を始め,近世になってトルコ人の影響で遊牧の生活様式を取り入れた。形質的にはタタール人スラブ人,ゲルマン人との混血がみられる。ハンガリーには約 1000万人が住んで,人口の大部分を占め,そのほかチェコ,スロバキア両国に約 60万人,ルーマニアに約 180万人のほか,セルビア,ウクライナにも居住している。大多数がカトリック教徒である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マジャール族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マジャール族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation