@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マスカット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マスカット
Muscat
アラビア半島南東部,オマーン首都。この名称は,この国が 1970年までマスカットオーマンと呼ばれている時でも使用されていた。オマーン湾に臨む小半島上に位置し,険しい岩山背後に迫る。 1508年ポルトガルに占領されてから,ペルシア湾の出入口を扼する軍事,商業の要地として重視された。 1648年ペルシア領となったが,1741年にはサイード朝の首都となった。 19世紀後半にはアラビア半島イラン,インド,アフリカ東部を結ぶ中継貿易でこの地方で最も繁栄した。ペルシア湾を通る船舶寄港地郊外シーブに,新しい国際空港がある。人口 1万9891(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マスカット(Masqat)
オマーンの首都。アラビア半島東部、オマーン湾に臨む港湾都市。古くからの海上貿易の要地で、ナツメヤシ真珠などを輸出。人口38万(1990)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスカット(muscat)
ブドウの一品種。実は大で緑色をし、香りがある。ヨーロッパの原産 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

マスカット【muscat】
ブドウの一品種。アラビア半島原産。粒は大形で黄緑色に熟し、香りが高く甘味が強い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスカット【Masqat; Muscat】
オマーン国の首都。アラビア半島の東部、インド洋に臨む港湾都市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

マスカット【muscat】

ヨーロッパ各地で栽培される白ワイン用のぶどうの品種。フランスでは「ミュスカ」、イタリアでは「モスカート」、スペインで「モスカテル」という。数多くの亜種があり、日本で「マスカット」と呼ばれ、生食用に栽培されるのはその一つである「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マスカット
ますかっと
Masqat
アラビア半島南東部、オマーンの首都。オマーン湾南岸に位置する港湾都市である。人口4万0856(1993センサス)、6万0100(2002推計)。天然の良港で、古代から海上貿易の中心として栄えてきた。16世紀初頭ポルトガル人が占領して、約150年にわたって支配した。18世紀中葉以降、現サイード王朝の首都となった。かつてはアラビア半島で最良の停泊地といわれたが、後背地に恵まれず、内陸との交通が不便なため、現在は近隣のマトラーに貿易、交通上の地位を譲っている。ペルシア湾の入口という戦略的地位を占め、アメリカ空軍がマスカット空港を使用している。港の背後のアハダル山の山麓(さんろく)では、ポルトガル人がもたらしたといわれるマスカット・ブドウが栽培されている。[高橋和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マスカット
〘名〙 (muscat) ブドウの代表的栽培品種。エジプト原産といわれ、主に温室で作る。果実は長大、黄青色の半透明で、甘く、芳香がある。果穂も大きく美しい。《季・秋》
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座繁昌記「此の家のパーラでアレキサンドリヤのムスカットを賞翫しなければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスカット
(Masquat) オマーン国の首都。アラビア半島南東部、オマーン湾に臨む港湾都市。古くから東西貿易の要地。ナツメヤシ・真珠などを輸出。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスカット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マスカットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation