@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マスコン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マスコン
mascon; mass concentration
月面で異常に重力が大きく集中している場所。アメリカの無人探測機ルナオービター計画で,特に第5号 (1967年81日打上げ,68年1月 31日月面衝突) の軌道データの分析から海の部分の中に引力の強い重量物があるらしいということがわかった。アポロ 14,15,16号の詳しい調査によって,直径 200kmより大きなクレータや海には重力異常,つまり質量の集中があることがわかった。カリフォルニア工科大学の P.ミュラーらによると「丸い形の海の底には隕石が埋っているらしい」として,この重量物を「質量の集中」という意味から「マスコン」と呼ぶようになった。その原因については,隕石が埋っているという説,内部から重い溶岩が吹出したという説などがあるが,現在では密度の高い玄武岩などが地下に集積しているという説が有力視されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マスコン【mascon】
月面上で異常に重力の強い場所。1960年代から70年代にかけて,アメリカのNASA(ナサ)の打ち上げたルナ・オービターやアポロの月のまわりを回る軌道の解析から明らかにされたものである。マスコンは月の海に見られ,月の海をおおう玄武岩状の溶岩流によって生じたものといわれている。【古在 由秀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マスコン
ますこん
mascon

月面上の異常に重力の強い場所。mass concentrationの略。月の表面近い部分の重力のようすは、アポロ14号の軌道の微細な変化によって詳しく研究され(1971)、所々に正の大きな重力異常が発見され、その位置は、直径が200キロメートル以上の大きな火口または海と一致することがわかった。これは月面のこの部分の下に密度の高い物質が存在することを示し、これをマスコンという。雨の海、晴の海では220ミリガル以上もの重力異常のマスコンが観測された。

[関口直甫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスコン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マスコンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation