@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マスタバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マスタバ
Mastaba
エジプトの初期王朝時代から古王国時代にかけて多数造られた墳墓一種地下室の上に長方形で台状の地上建造物があるのが特徴で,一般に日干し煉瓦で造られた。最古のものはサッカラの初期王朝時代のアハ王の墓で,地上部分が広く食物などの貯蔵室となっているが,のちの墓では地下部分が拡張され貯蔵品はそこに納められた。死者の住居として家の機能や構造になぞらえて造られており,いくつもの部屋をもつものが現れた。これらのうちで最も重要な部屋には偽扉と供物台が置かれた。第1王朝期から出現し,第4・第5王朝期に多く築造されたが,ピラミッドが王墓として造られてからは,貴族の墓として長く続いた。サッカラにある第5王朝のティや第6王朝のメレルカのマスタバは,地上部分の内部の壁面に美しい彩色の浮彫があるので有名。なおマスタバという名は,アラビア語ベンチ味する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マスタバ(mastaba)
古代エジプトの墳墓。地下の墓室の上に、長方形で台状の建造物を石積みで築いたもの。個人のもので、古王国時代から中王国時代に盛んに営まれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マスタバ【mastaba】
古代エジプトの個人の墳墓。その形状により,アラビア語でマスタバ(〈ベンチ〉の意)といわれる。先王朝時代末期から,とくに古王国時代全般にかけ,さらには後世まで盛んに造られた。ギーザやサッカラなどでは,貴族や重臣のマスタバが,生前王に仕えていたときと同様,ピラミッドの周囲に整然と配置されている。時代,身分,地方によりその形式,用材などはさまざまであるが,典型的には次の通りである。地上の礼拝堂と地下の埋葬室の二つの部分よりなり,埋葬室は地下の玄室とそれを結ぶ竪坑または階段でできている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マスタバ
ますたば
mastaba

古代エジプトのベンチ形墳墓のこと。上部構造と下部構造(地下部分)とからなり、上部構造は長方形で、側面は上に向かって急勾配(こうばい)の斜面をなし、頂上部は平坦(へいたん)になっている。四隅は東西、南北の方位に沿い、長いほうの軸線は南北に向いている。第1王朝に生まれた墳墓形式で、建造物は当初は日干しれんがであったが、やがて石に移った。第2王朝では規模も設計も精巧なものとなった。王墓の独占形式ではなく、高官の墓もまたこの形式でつくられた。地下構造は死者を納める竪坑(たてこう)、供物を置き祭事を営む祭壇室、死者の彫像を納める特別室(セルダブ)の3要素からなり、壁面にはこの世の生活を描いたレリーフが施された。大型のものには、上部構造が一辺83メートルの長さをもち、地下に58室を備えているものがある。ギザ(ギゼー)には整然と並ぶ一大マスタバ群がある。マスタバは第3王朝の王墓、階段ピラミッドを生み出したのち、高官や貴族の墓の形式として中王国時代まで愛用された。

[酒井傳六]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マスタバ
〘名〙 (mastaba 元来はアラビア語。石の据え付けベンチのこと) 古代エジプトの墓の一形態。古王国時代の高官たちの石室墳墓。ピラミッドに先行する。外形は腰掛けに似た平面矩形の梯形で、竪穴を掘り、天井を木材でおおい、地上部分は煉瓦(のちには石材)を壇状に積み重ねて、当時の家屋に似せている。東壁面に礼拝用の龕(がん)が作られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスタバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マスタバの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation