@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マスチフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マスチフ
mastiff
イヌの1品種。原産地アジアで,中近東からヨーロッパに持込まれたものと思われる。狩猟犬番犬闘犬から作り出された大型犬で,日本では土佐犬を作るのにも用いられたとされるように,世界の大型犬の基礎となっている。筋肉はよく発達し頑強な骨格をしている。体毛は短毛で,毛色は一般にアンズ色,茶色黄褐色のほか虎毛もある。ただし,耳,口吻,目の周囲の色は濃いもののほうがよいとされている。外見に似合わず性格は穏和で,よく人になれる。体高は雄 76cm以上,雌 68cm以上。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マスチフ(mastiff)
犬の一品種。チベット原産で、英国改良。大形で体はたくましく、耳は垂れる。毛は短く、淡黄褐色や虎毛で、鼻先などが黒い。古くから護身犬・猟犬や闘犬に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

マスチフ【mastiff】
イヌの一品種。イギリス原産。体高75センチメートル 程度。体格は頑丈で、体毛は短く滑らか。体色は、普通、淡黄褐色で、吻ふんが黒い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マスチフ
ますちふ
mastiff
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、チベット地方のマスチフが中近東からヨーロッパに渡って作出されたとみられる。巨大で重厚みがあり、筋肉がよく発達し、体つきも頑健で力強い。短毛で、頸(くび)も太くてたくましく、のどには皮膚のたるみがある。古くから番犬、獣猟犬、護身犬として飼われ、古代ローマ帝国時代は闘犬としてライオン、クマ、ウシなどと戦わされた。マスチフが3頭いればクマを倒し、4頭いればライオンに勝つとさえいわれたほどの強い闘争力をもつ。毛色はフォーンや虎毛(とらげ)で、口吻(こうふん)、耳、目の周囲、鼻などは黒いものがよいとされる。体は大きいものが好まれ、体高は雄で75センチメートル以上、雌で68センチメートル以上。日本では土佐闘犬の作出に用いられた。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マスチフ
〘名〙 (mastiff)⸨マスチーフ⸩ 犬の一品種。チベットの古代犬を、イギリスで猟犬・闘犬に改良。最も大形の犬に属し、体高は七五センチメートル以上。体形は土佐犬に似ており、短毛で、毛色は虎毛・銀・淡黄褐色など。番犬によく使われるが、性格は温和で、愛玩犬にも適する。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「犬を珍重して今の『マスチッフ』だの『グレイハウンド』だのといふ奴が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスチフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マスチフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation