@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マストロヤンニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マストロヤンニ
Mastroianni,Marcello
[生]1924.9.28. フォンタナリリ
[没]1996.12.19. パリ
イタリアの映画俳優。家具職人の子として生れ,当初建築を学ぶが第2次世界大戦に従軍。戦後演劇に関心をいだき,ローマ大学付属の劇団に参加。やがて L.ビスコンチ監督に見出され 1947年『レ・ミゼラブル』で映画界にデビュー。 60年 F.フェリーニ監督の『甘い生活』で作家くずれのトップ屋を演じ,一躍ヨーロッパ映画界のスターとなる。以後,V.デ・シーカ監督,S.ローレン共演の『昨日・今日・明日』 (64) ,『あゝ結婚』 (64) ,『ひまわり』 (70) などのヒットでその地位を不動のものとした。軽妙な役からシリアスな役までこなす幅広い演技で,M.アントニオーニ監督の『』 (61) ,ビスコンチ監督の『異邦人』 (67) などイタリアを代表する映画に出演。特にフェリーニ監督の作品には不可欠で『81 /2』 (63) ,『女の都』 (80) ,『ジンジャーとフレッド』 (85) ,『インテルビスタ』 (87) など多くの作品に出演した。 N.ミハルコフ監督の『黒い瞳』 (87) でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マストロヤンニ
ますとろやんに
Marcello Mastroianni
(1923―1996)

イタリアの俳優。ナポリに近いフォンタナ・リーリに生まれる。アマチュア劇団で修業を積み、演出家ビスコンティに認められて舞台に立った。映画への本格的出演は1949年以降だが、フェリーニ監督の『甘い生活』(1960)の国際的成功でイタリアを代表するスターとなる。ソフィア・ローレンとのコンビによる『昨日・今日・明日』『あゝ結婚』(ともに1964)、『ひまわり』(1970)、『特別な一日』(1977)をはじめ、ビスコンティ監督の『異邦人』(1967)、フェリーニの『8・1/2』(1963)、『女の都』(1981)、スコーラ監督の『スプレンドール』(1989)など、喜劇からメロドラマやシリアスドラマまで幅広い役柄をこなした。1987年『黒い瞳』でカンヌ映画祭男優賞受賞。1993年(平成5)来日。

[畑 暉男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マストロヤンニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マストロヤンニの関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation