@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マタイによる福音書【マタイによるふくいんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マタイによる福音書
マタイによるふくいんしょ
Kata Matthaion; The Gospel According to Matthew
新約聖書4福音書の一つ。マルコルカの福音書とともに共観福音書と呼ばれる。内容はイエス系図,その生誕のいきさつ,バプテスマヨハネによる受洗,宣教活動,十字架上の死,そして復活についての記述のほか,山上説教をはじめイエスの多くの言葉と説教を含むが,他の福音書に比してきわめて組織的であり,特に旧約との関係を強調し,教団的思考を重視している。イエスの生誕は「主が預言者によっていわれたことの成就」 (1・22) とされ,ユダヤの律法に関してはイエスは「律法を廃するためにではなく成就するためにきた」 (5・17) といわれている。者は伝統的に使徒マタイとされてきたが,多くの伝承を素材としているところから,よりのちの作であり,むしろ旧約への言及によってキリスト教徒に改宗したユダヤ教徒であり,キリスト教に改宗したユダヤ人を対象としてこの書を著わしたものと考えられる。 65年から 100年の間,おそらく 70年以後にギリシア語で書かれ,『マルコによる福音書』に依拠したとする説が有力である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マタイによるふくいんしょ【マタイによる福音書】
新約聖書、四福音書の巻頭書。1世紀末ごろ書かれたと推定され、イエスの系図・誕生物語から、山上の垂訓を始めとする教え、受難と復活に至る生涯を記す。イエスを旧約聖書の預言の完成者、すなわちメシア(救世主)とする叙述が特徴。マタイ福音書マタイ伝。→マタイ福音書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マタイによるふくいんしょ【マタイによる福音書 Gospel according to Matthew】
新約聖書の一つ。後80年ころにパレスティナまたはシリアのユダヤ人キリスト教徒の間で成立した。イエスの誕生・幼時物語(1~2章)を別にすると,大きな構成は《マルコによる福音書》を踏襲しているが,適宜それをイエスの長大な〈訓話〉(山上の垂訓=5~7章,弟子派遣の訓話=10章,たとえ話集=13章,教会規則=18章など)を挿入して中断している。その結果,物語性よりも,イエスの教説の組織的叙述が特徴となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

マタイによるふくいんしょ【マタイによる福音書】
新約聖書第一書。イエスの言行を記し、イスラエルの救い主であり律法の完成者であるイエスの奇跡や教会への関心を説いた福音書。四福音書の一つ。古来マタイの著とされるが、マルコ福音書やイエス語録、イエスの誕生物語などによって八五年ごろ書かれたと推定される。マタイ伝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マタイによる福音書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マタイによる福音書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation