@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マタイ受難曲【マタイじゅなんきょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マタイ受難曲
マタイじゅなんきょく
St. Matthew Passion
マタイによる福音書』に基づいたイエスキリスト受難主題とした楽曲。最も有名なものは J.S.バッハの作品 BWV244 (1729) 。ほかに J.ワルター (1550頃) ,H.シュッツ (1666) の作品や現代の E.ペピングのものなどが知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マタイじゅなんきょく【マタイ受難曲】
原題、〈ドイツMatthäuspassion》「マタイによる福音書」のキリスト受難物語に基づく音楽作品。特に、1728年から1729年にかけてバッハが作曲したもの。バッハ没後は長らく忘れられていたが、1829年にメンデルスゾーンが復活上演したことで再評価。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

マタイ受難曲
アメリカの舞踊家・振付家ジョン・ノイマイヤーによるバレエ(1981)。原題《Matthäus-Passion》。初演はハンブルク・バレエ団。J・S・バッハのマタイ受難曲の全曲に振付をし、ノイマイヤー自身がイエス・キリスト役を演じることが多かった。彼の代表作の一つとして知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マタイ受難曲
ドイツの作曲家ハインリヒ・シュッツの受難曲(1666)。原題《Matthäuspassion》。新約聖書の『マタイによる福音書』に基づいてイエスの受難を描いたもの。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マタイ受難曲
ドイツの作曲家J・S・バッハの受難曲(1728-29)。原題《St. Matthew Passion》。新約聖書の『マタイによる福音書』に基づいてイエスの受難を描いたもの。バッハの没後、しばらく忘れられていたが、1829年にメンデルスゾーンが復活上演したことにより再評価されたという経緯を持つ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マタイじゅなんきょく【マタイ受難曲 Matthäus‐Passion】
マタイによる福音書》によるキリスト受難の物語を題材とする音楽。とくにJ.S.バッハの作品(BWV244)が有名で,プロテスタント教会音楽の最高峰に数えられる。《マタイによる福音書》26~27章を中心にして,ルター派賛美歌(コラール)と抒情的な宗教詩を配したピカンダーPicander(本名Christian Friedrich Henrici,1700‐64)の台本によって作曲され,1729年4月15日(一説では1727年4月11日)の聖金曜日にライプチヒのトーマス教会で初演された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マタイじゅなんきょく【マタイ受難曲】
マタイ福音書によるキリストの受難を主題とした宗教音楽。最も有名なものは大バッハのもので、二部七八曲から成る。1729年ライプチヒで初演され、バッハの宗教音楽の頂点を示す作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マタイ受難曲
またいじゅなんきょく
Matthuspassionドイツ語
『新約聖書』のうち「マタイ伝福音書(ふくいんしょ)」のイエス・キリストの受難物語によった、声楽と管弦楽のための音楽作品。数多くの傑作が残されているが、カトリックではラッスス、ビクトリア、プロテスタントではシュッツ、J・S・バッハらの作品が名高い。とりわけバッハの『マタイ受難曲』(2部78曲)は、『ヨハネ受難曲』(1723初演)とともに、彼の宗教音楽の頂点を示した作品として重要である。作曲されたのはバッハのライプツィヒ時代(1723年以降)と推定され、1729年の聖金曜日(4月15日)の演奏が確認されている。歌詞は「マタイ伝」第26、第27章にヘンリーチ(筆名ピカンダー)の自由詩を加えたもので、かなり多くの自作カンタータから音楽的転用がみられながら、全体の構成の緊密さ、スケールの巨大さには驚くべきものがある。初演後100年目の1829年、メンデルスゾーンが復活演奏して、19世紀におけるバッハ復活の端緒となったことでも重要な作品。[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マタイ‐じゅなんきょく【マタイ受難曲】
〘名〙 (Matthäuspassion の訳語) 受難曲の一つ。キリスト教の新約聖書の「マタイによる福音書」中のキリスト受難の物語に基づいて作曲されたもの。特にJ=S=バッハ作曲のものが有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マタイ受難曲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マタイ受難曲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation