@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マタラム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マタラム
Mataram
インドネシア南部,小スンダ列島西部,ロンボク島西部の町。ヌサトゥンガラバラット州州都。農業地帯の商業中心地で,付近に外港アンペナンがある。バリ諸侯が建てたいくつかの宮殿が周辺にある。住民ササック族,バリ人など。人口 14万 1387 (1980) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マタラム(Mataram)
インドネシア南部、ロンボク島の都市。西ヌサトゥンガラ州の州都。同島西岸に位置し、港と空港がある。オランダ統治時代の港だったアンペナン、政庁やビジネス街があるマタラム、華僑やアラブ系住民が多い商業地チャクラヌガラの3地区で構成される。バリ島のカランガスム王朝が建てた宮殿や寺院がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マタラム【Mataram】
インドネシア,中部ジャワのジョクジャカルタ付近をさす地名で,古来この名を冠した王国が二つある。一つは732年にサンジャヤSanjayaが建てたヒンドゥー王朝マタラムであり,他は16世紀末ごろから18世紀半ばにかけて存在したイスラム王朝マタラム(マタラム・イスラム)である。ここでは前者を扱うが,以下に述べるように,歴史学の用語としてはやや厳密さを欠く。 最初にマタラム国の王と自称しているのは,中部ジャワ・ケドゥー州のチャンガル碑文(732年)に記される王で,この王はいわゆるサンジャヤ朝の創始者である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マタラム
またらむ
Mataram
中部ジャワに成立したイスラム王国(1582ころ~1755)。建国の時期と事情については不明な点が多い。3代目の王パヌムバハン・セナパティ・インガラガ(在位1584ころ~1602ころ)の時代から武力による周辺地域の征服が始まり、4代目の王スルタン・アグン(在位1613~45)の時代にジャワ中部、東部のほとんどを支配下に収め、二度にわたってオランダ東インド会社の根拠地バタビア(ジャカルタ)を攻撃した。その子アマンクラット1世(在位1645~77)はオランダ東インド会社とは友好関係を維持したが、国内では反対者を殺すなどして独裁的地位を固めた。このためマドゥラの領主トゥルナジャヤが1674年に反乱を起こした。国王は会社に援助を求めてこれを鎮圧したが(1682)、このときから王国は会社の干渉を受けるようになったうえ、領土の割譲を迫られた。
 こののち王国では二度にわたる王位継承戦争(1703、1719~23)、1744年のバタビア華僑(かきょう)のオランダに対する反乱の応援のための戦争があり、そのたびごとに会社の介入が起こり、北海岸に面した領土のすべてを失った。オランダはむしろ国王の権威を利用して間接的に領土を支配する政策をとったが、たまたま東インド総督ファン・イムホフVan Im'hof(在任1743~50)の失敗から第三次の王位継承戦争が起こった(1749~57)。これは実質的にはオランダのマタラム支配に対する抵抗であったが、オランダは反乱軍内部の対立を利用してこれを鎮圧し、ついで1755年に、まだ残っていた王国の領土をジョクジャカルタのスルタン領とスラカルタのススフナン侯領に分割し、王国の歴史は終わった。[生田 滋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マタラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マタラムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation