@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マチエ【まちえ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マチエ
まちえ
Albert Mathiez
(1874―1932)

フランスの歴史家。高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)卒業(1897)後、地方やパリのリセの教師を経て1911年ブザンソン大学教授、19年からディジョン大学教授。一時(1919~22)共産党に入党。26年からパリ大学(ソルボンヌ)で講師としてフランス革命の講義を続けた。初めパリ大学のオーラールに師事し、1904年フランス革命期の宗教問題の研究で学位を得たが、まもなくダントンやロベスピエールの評価などで師と対立して決別し、08年「ロベスピエール研究会」の設立に参加、機関誌『革命年報』(1924年から『フランス革命史年報』と改称)の責任編集者として活動した。革命史家としての業績は、ロベスピエールの復権、ダントン非難のほか、ジョレスの影響を受けて社会経済問題、階級闘争、経済統制などに関する数多くの論著がある。『フランス革命』三巻(1922~27)(邦訳、岩波文庫)、『恐怖政治下の生活苦と社会運動』(1927)などのほか、ロベスピエール研究が多い。32年、パリ大学で講義中に急死。

[前川貞次郎]

『ねづまさし・市原豊太訳『フランス大革命』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マチエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マチエの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation