@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マッカーサー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マッカーサー
MacArthur, Arthur
[生]1845.6.2. マサチューセッツ,チコピーフォールズ
[没]1912.9.5. ミルウォーキー
アメリカの陸軍軍人,フィリピン軍政長官。 D.マッカーサーの父。南北戦争で志願兵として戦い,1863年のミショナリーリッジの戦いで名誉勲章を受章。数々の戦功によりわずか 20歳で連隊長に昇進。南北戦争後,インディアンとの戦闘に従軍。 98年アメリカ=スペイン戦争の勃発に際し,准将に任命され,フィリピン司令部付きとなった。戦功により少将に昇進,1900年にはフィリピン第8軍団司令官および軍長官に任命された。在任中はフィリピンの独立を援助。スペイン法の改正などに尽力。日露戦争中は日本軍のオブザーバーとして特派された。 06年中将,09年退役。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッカーサー
MacArthur, Douglas
[生]1880.1.26. アーカンソー,リトルロック
[没]1964.4.5. ワシントンD.C.
アメリカの軍人。陸軍軍人の家庭に生れる。 1903年ウェストポイント陸軍士官学校を首席で卒業し,フィリピンに配属された。 13年参謀本部員,第1次世界大戦にはヨーロッパに従軍し,帰国後 19年陸軍士官学校の校長。 30年陸軍参謀長,36年フィリピン共和国軍元帥,37年退役。対日関係の悪化に伴い 41年現役に復帰し,フィリピン駐留アメリカ極東軍司令官。 42年日本軍のフィリピン作戦展開によってオーストラリアに脱出。次いで南西太平洋軍最高司令官に任命され,対日作戦を指揮し,45年7月にはフィリピンの奪還に成功。第2次世界大戦後,連合国軍最高司令官として日本に進駐。以後 50年まで日本占領の最高権力者として多くの占領政策を施行した。 50年朝鮮戦争の勃発とともに国連軍最高司令官として作戦を指揮したが,戦略面で H.トルーマン大統領と意見が対立し,51年4月 11日解任された。この解任事件はアメリカの政・軍関係上大きな問題となり,しばしばシビリアン・コントロール実例として言及された。帰国後引退。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッカーサー
Macarthur, John
[生]1767.9.3. デボンシャー,ストークダメレル
[没]1834.4.11. ニューサウスウェールズ,カムデン
オーストラリアの牧羊創始者。 1789年イギリスからオーストラリアに渡り,本国からメリノ種を輸入して飼育に成功,1825年イギリスの羊毛輸入税撤廃により事業は飛躍的に発展した。彼の成功により入植者,牧羊業者も急増し,同国における今日の羊毛産業の隆盛をみた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マッカーサー(Douglas MacArthur)
[1880~1964]米国の陸軍軍人元帥太平洋戦争開戦時、米国極東軍司令官。のち、西南太平洋方面連合軍総司令官として対日反攻を指揮。戦後は日本占領連合国軍最高司令官となり、民主化政策をとった。朝鮮戦争に際して強硬策を主張し、トルーマン大統領により解任。→ジー‐エッチ‐キュー(GHQ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

マッカーサー MacArthur, Douglas
1880-1964 アメリカの軍人。
1880年1月26日生まれ。第一次大戦に参加し,陸軍士官学校長,陸軍参謀総長を歴任。1941年極東軍司令官となり,太平洋戦争ではマニラ防衛戦,レイテ島上陸作戦などを指揮。1944年元帥。昭和20年連合国最高司令官として日本に進駐。総司令部(GHQ)を東京に設置し,日本の非軍事化と民主化をすすめた。朝鮮戦争の際,中国領への戦線の拡大を主張してトルーマン大統領に解任された。1964年4月5日死去。84歳。アーカンソー州出身。ウエストポイント陸軍士官学校卒。
格言など】老兵は死なず,ただ消え去るのみ(1951年解任後の議会での演説)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

マッカーサー【Douglas MacArthur】
1880‐1964
アメリカの軍人。陸軍軍人の家庭に生まれた。1903年ウェストポイント陸軍士官学校を首席で卒業後,父の任地がフィリピン,日本であった関係から,最初の任地をフィリピンとしたのち,駐日アメリカ大使館武官の副官として来日するなど,極東の事情に詳しい経歴をもつ軍人としてアメリカ陸軍の要職を歴任した。30年には陸軍大将となり,またアメリカ史上最も若い陸軍参謀長となった。大不況下の32年には,恩給先払いを要求してワシントンに集まった第1次大戦の退役軍人を,フーバー大統領の要請に応じて軍隊を使って追い払い,不評を買った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マッカーサー
まっかーさー
Douglas MacArthur
(1880―1964)

アメリカ陸軍元帥。日本占領の連合軍総司令官。南北戦争の英雄アーサー(のち中将)の三男としてアーカンソー州リトルロックの兵営に生まれ、南部出身の母の強い影響下に育つ。ウェストポイント陸軍士官学校を最優秀で卒業、自分が創案した「虹(レインボー)」師団参謀長として第一次世界大戦に参加し13の叙勲。帰国後ウェストポイント校長(1919)、少将昇進(1925)、陸軍参謀総長(大将待遇)就任(1930)と、いずれも最年少記録をつくった。参謀総長のとき恩給の一括払いを要求する陸軍退役者の「ボーナス・マーチ」を弾圧(1932)。ハンサムで才気と強烈な自尊心に満ちた姿に、ルーズベルト大統領は独裁者の影をみたという。父子二代にわたりフィリピンとのつながりが深く、1935年、友人であるケソン初代連邦大統領の招きに応じ、フィリピン国民軍の創設にあたる。1941年(昭和16)12月日本軍の攻撃をバターン半島でしのぎ、大統領命令でオーストラリアに逃れた(1942年3月)のち、反攻作戦に成功(1944年10月)して「アイ・シャル・リターン」の公約を果たした。1944年12月元帥。

 1945年(昭和20)8月30日厚木基地に進駐。降伏した日本の絶対的支配者(日本占領連合軍最高司令官)として総司令部(GHQ)から農地改革、婦人解放、労働改革など革命的な民主化を進め、とくに国民主権と平和主義の新憲法をもたらした意義は大きい。朝鮮戦争の勃発(ぼっぱつ)(1950)とともに国連軍総司令官に任ぜられ、仁川(じんせん)奇襲上陸で状勢を逆転したが、トルーマン大統領の政策に公然と反対して中国との全面戦争を主張したため、1951年4月解任された。2000日に及ぶ在任の間、多くの日本国民の尊敬をかちえ、何十万通というファンレターが寄せられたのは占領の世界史に例がない。議会で「老兵は死なず」の演説のあと、1952年の大統領選に野心を燃やしたが、支持は集まらず、レミントンランド社会長として晩年を送った。

[袖井林二郎]

『津島一夫訳『マッカーサー回想記』(1964・朝日新聞社)』『袖井林二郎著『マッカーサーの二千日』(1974・中央公論社)』『津島一夫訳『マッカーサー大戦回顧録』上下(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マッカーサー
(Douglas MacArthur ダグラス━) アメリカの軍人。陸軍元帥。一九四一年アメリカ極東軍司令官、四二年連合軍西南太平洋方面軍総司令官として第二次世界大戦の対日反攻を指揮。終戦後は日本占領連合軍最高司令官として占領政策の実施にあたる。朝鮮戦争では国連軍最高司令官を兼任したが、中国東北地区攻撃など強硬策を主張して五一年四月トルーマン大統領により解任。(一八八〇‐一九六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

マッカーサー
Douglas MacArthur
1880〜1964
アメリカの軍人
第二次世界大戦中は,在フィリピン米極東軍司令官・西南太平洋連合軍司令官として対日反攻作戦を指揮した。戦後は,日本占領連合軍最高司令官として東京に駐在し,日本の民主化に大きく貢献した。朝鮮戦争が勃発すると国連軍最高司令官に就任,中国領爆撃と核兵器の使用を主張し,トルーマン大統領と対立して解任された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

マッカーサー
Douglas MacArthur
1880〜1964
アメリカの軍人
1930年陸軍参謀総長,太平洋戦争中,米極東指令官として対日戦を指揮したが,日本軍にフィリピンを占領される。'42年,連合国軍南西太平洋軍司令官となり,戦争終結後,'45年連合国最高司令官として日本占領政策を推進した。朝鮮戦争の勃発で国連軍司令官となったが,強硬策を主張したため '51年トルーマン大統領に罷免された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッカーサー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マッカーサーの関連情報

関連キーワード

マルクス経済学シューマンポー無言歌イビーインブリーソーパーパーソンフェスカフォック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation