@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マックス
事務機器,釘打ち機などのメーカー。 1942年山田航空工業として設立。 45年山田興業と改称ホッチキス,鉛筆削り,金属事務器を生産開始,次いで製図機械,空気式釘打ち機,包装関連へと多角化。 55年マックス工業と改称。 63年産業用綴止め機の生産販売のためテキストロン提携。 64年現社名に変更。アメリカのスタンレー・ワークスと多角的な提携も行い,事務機,図形機器の拡充に乗出している。売上構成比は,インダストリアル機器 50%,オフィス機器 50%。年間売上高 452億 6400万円 (連結。うち輸出 18%) ,資本金 123億 6700万円,従業員数 1164名 (1999) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マックス(max)
《maximumの略》最大。最大限。極限。「容量がマックスに達する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

マックス
ダイハツ工業が2001年から2005年まで製造、販売していた軽自動車。5ドアの小型ワゴン。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

マックス
正式社名「マックス株式会社」。英文社名「MAX CO., LTD.」。機械工業。昭和17年(1942)「山田航空工業株式会社」設立。同20年(1945)「山田興業株式会社」に改称。同30年(1955)「マックス工業株式会社」に改称。同39年(1964)現在の社名に変更。本社は東京都中央区日本橋箱崎町。産業機械・事務機器製造会社。ホッチキスと釘打ち機の最大手。ほかにタイムレコーダー・鉄筋結束機・24時間換気システムなど多様な製品群を展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード6454。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

マックス【max】
マキシマムに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マックス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マックスの関連情報

関連キーワード

633美の里ニゲルいの(町)吾北自民党総裁選ベネチア水没危機愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation