@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マッソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マッソン
Masson, André
[生]1896.1.4. バラニー
[没]1987.10.27. パリ
フランスの画家。ブリュッセル,パリで学び,1919年パリに定住。 23年 A.ブルトン,L.アラゴン,ミロらを知り,シュルレアリスムの運動に参加。初期の自動筆記的絵画に始り,さまざまなスタイルを変遷したが,41~45年アメリカに滞在して抽象表現主義の形成に影響を与えた。 45年帰仏し,47年以降はエクサンプロバンスで制作を続けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッソン
Masson, David
[生]1822
[没]1907
イギリスの文学研究者。スコットランド出身。エディンバラ大学教授。7に及ぶ大著『ミルトン伝』 Life of Milton (1859~94) を著わしたほか,ミルトン,ド・クインシー全集編纂

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッソン
Masson, Frédéric
[生]1847.3.8. パリ
[没]1923.2.19. パリ
フランスの歴史家。ナポレオン1世とその一族についての詳細な書物を公刊した。主著ナポレオンとその一族』 Napoléon et sa famille (13巻,1897~1919) 。アカデミー・フランセーズ会員 (1903) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッソン
Masson, Loys
[生]1915.12.31. ローズ・ヒル
[没]1969.10.24. パリ
フランスの詩人。西インド洋のモーリシャス島出身。 P.J.ジューブの流れをくむ「破局証人」として,『われらより解放せよ』 Délivrez-nous du mal (1942) ,『イカロスあるいは旅』 Icare ou le voyage (1950) などを発表。ほかに小説,戯曲がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッソン
Masson, Mikhail Evgen'evich
[生]1897
[没]?
ソ連の考古学者。旧ソ連における中央アジア考古学の先駆者の一人であり,タシケント大学で多くの研究者を育てた。 1936~38年にはテルメズ付近でクシャン時代と中世遺跡発掘,46年以後は南トルクメニスタン考古学調査団の団長として,パルティア時代のニサ,メルブを発掘調査し,大部な調査報告にまとめた。彼の長男 V.マッソン,夫人 G.A.プガチェンコワは同じく中央アジア考古学者として著名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マッソン(André Masson)
[1896~1987]フランスのシュールレアリスム画家オートマティスムの手法を取り、内面の世界を夢幻的、呪術的に描いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マッソン【André Masson】
1896‐1987
フランスの画家。オアーズ県バラニー・シュル・テランBalagny‐sur‐Thérainに生まれ,少年時代をブリュッセルで過ごす。パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に学ぶ。画商カーンワイラーを知り,キュビストのJ.グリスらから影響をうけたのち,シュルレアリスム運動の成立期にブルトンらと交わり,ミロとともに〈自動デッサン〉を試みて評価を得る。1929年この運動を離れ,G.バタイユ,M.レリスらとの協調を深める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マッソン【André Masson】
1896~1987 フランスの画家。シュールレアリスムの画家としてブルトン・アルトー・レリスらと親交。夢幻的、思索的な作風で知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マッソン
まっそん
Andr Masson
(1896―1987)
フランスの画家。オアーズ県バラニーに生まれる。少年期をブリュッセルで過ごしたのち、1912年パリに出る。第一次世界大戦に従軍後、ドラン、グリスの影響を受け、キュビスム風の作品を制作。23年ブルトン、レーリス、ミロ、アラゴンと親交を結び、しばしば離反しつつも、シュルレアリスムの画家として活躍。早くからオートマティスム(自動記述法)を絵画に取り入れ、動物学的、神話的なイメージによって魔術的、夢幻的な世界を創造した。41~45年滞米し、戦後のアメリカ絵画形成にも少なからぬ影響を与えた。代表作には『魚の戦い』(1927・ニューヨーク近代美術館)などがある。[徳江庸行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マッソンの関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation