@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マツコ・デラックス【まつこ・でらっくす】

知恵蔵

マツコ・デラックス
日本の女装タレントコラムニストエッセイスト。1972年10月26日、千葉県生まれ。体重140キロ(120キロに減量したという説もある)、スリーサイズ140センチ(本人談)という見た目のインパクトと、物事の本質に鋭く切り込む物言いなどで人気を得ている。
小学校時代から“ぽっちゃり体型”で、男性が恋愛対象であることを意識していたという。高校卒業後、美容学校を経て、ゲイ雑誌「Badi」(バディ、技術と人間社)の編集者となる。5年ほど勤務して退社し、実家へ戻って約2年間、引きこもり状態の生活を続けていた。だが、「Badi」を読んでマツコの存在を知った小説家・エッセイストの中村うさぎから対談相手として抜擢(ばってき)され、コラムニストとなる。
テレビ初出演は、バラエティ番組「ワンナイR&R」(フジテレビ系列)の前身番組である「エブナイ」だと言われている。初めてのレギュラー番組は2005年の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、15年4月現在もコメンテーターを続けている。世間の話題などについて、ただ批判するだけでなく、自分が良いと感じたところは率直にほめる、といった姿勢が信頼と好感を得て、15年4月現在、9本のテレビのレギュラー番組と、多くのCMに出演している。
女装については、小学3年ごろから、母親の口紅を塗るなどしていたが、資生堂の企業文化誌を見て、服飾やメイクへの関心が高まり、高校3年ごろから完全に女装するようになった。以前は「女装は自分の性癖であり、趣味」だったが、仕事で女装するようになってからは、プライベートで女装しようと思わなくなったという。
差別や偏見に対する関心が強く、日本財団が14年に12月に開設したハンセン病のキャンペーンサイトでは、「ハンセン病は様々な偏見や差別の縮図」「本当の意味でハンセン病に対する差別や偏見がなくなれば、(他の)差別や偏見をゼロにするきっかけになる」などと述べたメッセージ動画を寄せ、話題を集めた。
特定の趣味はないというが、著書では「数少ない楽しみ」として、音楽プロデューサーのつんく♂が手掛ける女性アイドルグループ「モーニング娘。」(正式名称は「娘。」の後に西暦を付ける)のチェックを挙げている。
著書に『世迷いごと』、『続・世迷いごと』(双葉社)など、共著に中村うさぎとの『同行二人 うさぎとマツコの往復書簡4』(毎日新聞社)などがある。
(南 文枝 ライター/2015年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

知恵蔵mini

マツコ・デラックス
女装タレント、コラムニスト、エッセイスト。1972年10月26日生まれ。高校卒業後美容学校に入学。その後、ゲイ雑誌「Badi」(テラ出版)の編集者として5年ほど勤務し退社。引きこもり状態の生活を続けていたが、小説家・エッセイストの中村うさぎに対談相手として抜擢され、コラムニストとなる。2000年、深夜バラエティ番組「エブナイ」(フジテレビ系列)に28歳で出演しテレビデビュー。女装の巨漢という見た目と鋭く率直な物言いなどで人気を得、信頼性と好感を併せ持つタレントとなった。15年4月の民放各局の番組改編後には、新番組「全力! 脱力タイムズ」(フジテレビ系列)と「マツコとマツコ」(日本テレビ系列)と合わせ週6本のレギュラー番組を持つことになった。
(2015-3-13)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツコ・デラックス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マツコ・デラックスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation