@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マドラサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マドラサ
madrasa
イスラム教教義を研究,教授する学院。トルコ語ではメドレセという。10世紀頃ガズニー朝において,シーア派との抗争のなかで創始されたという。セルジューク朝ニザームル・ムルクはマドラサを制度化し,19世紀末までは,西アジアのほとんどの都市には一つ以上のマドラサがあったが,近代高等教育の普及とともに衰退した。なおインド,東南アジアでは,マドラサは初等レベルのコーラン学校を味することもある。建築的には,イスファハンのマドラサ・マーダル・イ・シャー(1706~14)のように,中庭を囲んで講義室としての四つのイーワーンと,2層アーケード状の学生の住房とを配するのが一般的。しかしより小規模なものでは,2イーワーン形式とすることもある。またトルコでは,コニアのインジェ・ミナーレ・マドラサ(1260~65)のように,中庭部分をドームで覆う形式が発達した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マドラサ(〈アラビア〉madrasah)
《「メドレセ」とも》イスラム世界で、神学法学などの高等教育を授ける学校。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マドラサ【madrasa】
教育施設を指すアラビア語。メドレッセとも呼ぶ。伝統的にはウラマーを育成するための高等教育施設をいう。初等教育にあたるクッターブ(学校)に対し,しばしば学院と訳される。法学を中心に,コーラン諸学,ハディース学,神学,言語学,古詩学などの教授が中心で,数学,天文学,医学,哲学などイスラムにとっては外来学問も教授される場合もあり,イスラム世界に広く存在し,小さな町でも一つ以上,大都市では数十から100を超えるマドラサがあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

マドラサ
madrasa
ウラマーを養成するイスラーム世界の高等教育機関
アラビア語で「学習する場所」の意。11世紀以降イスラーム世界に広く設立され,どの都市にも存在し,イスラーム世界の学問研究のネットワークの核になった。セルジューク朝のニザーミーヤ学院などがその代表例。モスクか,その付属施設で教授され,イスラーム法学や神学などが教授の中心となった。また,マドラサの運営は寄進財産(ワクフ)で行われたが,学生は各地のマドラサに遊学するのが通例であった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マドラサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マドラサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation