@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マニエリスム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マニエリスム
Manierismo; Mannerism
盛期ルネサンスと初期バロックの間の,イタリアを中心とした全ヨーロッパの芸術様式をさす美術用語。語源はイタリア語の「マニエラ」manieraで,個人の様式,手法を意味した。レオナルド・ダ・ビンチミケランジェロラファエロ・サンツィオらの先人たちの手法を学び,感情表現に新しい領域を開こうとして生まれたもの。その特色は人体表現において顕著で,誇張された肉づけ,引き伸ばし,様式化した姿勢や派手な色彩などが認められる。代表的作家には,『美術家列伝』Le vite de' più eccellenti architetti,pittori,et scultori italiani(1550)の著者ジョルジョ・バザーリ画家フランチェスコ・パルミジャニーノブロンジーノ,ヤコポ・ダ・ポントルモロッソ・フィオレンティーノ,彫刻家ジャンボローニャ,建築家バルダッサーレ・T.ペルッツィなどがいる。イタリアのマニエリスム美術はヨーロッパ各地に伝わり,フランスではフォンテンブロー派が生まれ,プラハでは皇帝ルドルフ2世の治下にバルトロメウス・スプランヘルらが活動し,スペインではエル・グレコが独自の宗教美術をつくりあげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マニエリスム(〈フランス〉maniérisme)
ルネサンスからバロックへの移行期に興った、絵画を中心とする芸術様式。社会的な混乱による精神的危機を反映し、錯綜(さくそう)した空間構成、非現実的な色彩法、幻想的寓意(ぐうい)性など、極度の技巧性・作為性を特色とする。ポントルモティントレットエル=グレコなどが代表的画家。マニエリズモ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マニエリスム【Maniérisme[フランス]】
イタリア語でマニエリズモManierismo。イタリア語の〈マニエラmaniera〉(〈手法,様式〉の意)に由来する語で,16世紀ヨーロッパ芸術の支配的様式をさす。
【マニエラとマニエリスム】
 〈マニエラ〉は,14世紀以来イタリアの芸術理論書(チェンニーニ,ギベルティ)の中で,芸術家の個々の様式,あるいは一民族,一文化に特有の様式を示す言葉として,いかなる価値づけもなく使用されていた。マニエラに独自の価値を与えたのはG.バザーリ(《芸術家列伝》1550)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マニエリスム
まにえりすむ
maniérisme フランス語
manierismo イタリア語
mannerism 英語
Manierismus ドイツ語

イタリア語でマニエリズモ、英語でマナリズム。手法・様式を意味するイタリア語のマニエラmanieraを語源とする。一般には、既成の手法や形式を慣習的に踏襲して、独創性のないままに繰り返し器用に処理しようとする消極的態度をさすことばで、いわゆるマンネリズムの用語が流布している。しかし近年、ヨーロッパの盛期ルネサンスからバロックに至る間の芸術現象に対する特定の様式概念として注目され、その重要性が強調される。

 芸術様式としてのマニエリスムの年代は、地域や芸術分野により差違があるが、ほぼ1520年ごろから1600年前後に及ぶ。20世紀の初めまで、この時代の芸術はルネサンスの古典的芸術を技巧的に模倣しただけの沈滞期の様式を示すにすぎないとみられていたが、その後の研究で盛期ルネサンスと異なる独立した芸術として再評価を受けるに至った。16世紀のヨーロッパは、宗教や科学、政治や経済など、社会や思想のあらゆる面から大きな動揺と不安の時代を迎え、精神的危機に直面していた。とくに前世紀以来、文芸復興の主導的役割を果たしたイタリアでは、それらを典型的に美術発展に反映している。調和・均衡・安定を重んじる規範的理想美に対する反発から、自然の模倣を無視して主知的ともいえる主観主義の傾向を強めていく。ラファエッロの晩年やミケランジェロの後期作品の影響も受けて、その様式は、洗練された技巧に加え、錯綜(さくそう)した空間構成、ゆがんだ遠近法、強い調子の明暗法を駆使して、幻想的な寓意(ぐうい)的表現、異常なまでにゆがめられたプロポーションや激越な運動感の描出、幻惑するような非現実的色彩法などをその特色とする。絵画を中心とするその発展は、普通、次の3段階に分けられる。

 第1期(1520ころ~1540ころ)はポントルモ、ロッソ・フィオレンティーノ、パルミジアニーノ、ベッカフーミBeccafumi(1485/1486―1551)らの活躍。第2期(1540ころ~1570ころ)はブロンツィーノ、バザーリ、彫刻のベンベヌート・チェッリーニ、建築ではビニョーラ、パッラディオら。このころイタリアのルネサンス美術がヨーロッパ全域の宮廷芸術に浸透したのに続いて、マニエリスムも国際様式として伝播(でんぱ)していった。フランスのフォンテンブロー派の成立はこの期に含まれる。第3期(1570ころ~1610ころ)には絵画のティントレット、彫刻のジャンボローニャGiambologna(1529―1608)など。またスペインの画家エル・グレコもあげられる。このほかネーデルラント出身者をはじめ、プラハ、ウィーン、ミュンヘンなどの各宮廷の庇護(ひご)のもとにマニエリスムは多くの芸術家の活躍を促した。当初の反古典的唯美主義から宮廷的アカデミズムを経て、しだいに硬直化した折衷主義へと移行したこの美術様式は、やがてふたたび現実的自然の肯定と人間生命の高揚に根ざした反マニエリスムの台頭によって、バロックへその道を譲ることになった。

[上平 貢]

『A・ハウザー著、若桑みどり訳『マニエリスム』全三巻(1970・岩崎美術社)』『W・フリートレンダー著、斎藤稔訳『マニエリスムとバロックの成立』(1973・岩崎美術社)』『若桑みどり著『マニエリスム芸術論』(1980・岩崎美術社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マニエリスム
〘名〙 (maniérisme) ヨーロッパ、特にイタリアにおいて、一五二〇年頃から一七世紀初頭まで盛んであった美術様式。盛期ルネサンスの成果の独得な解釈の上に成立したもので、長くルネサンスの退廃様式と考えられてきたが、二〇世紀になって再評価が行なわれた。また広く、特定の個人や伝統の型を踏襲する美術および文学上の傾向。マニエリズモ。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一二「芸術にも日本には或る maniérisme(マニエリスム)が行はれてゐるやうに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

マニエリスム
Maniérisme
ルネサンスからバロックへの過渡期に出現した文芸・美術の様式
反宗教改革的な精神を背景とし,またルネサンスの調和性を人為的として排し,作者主観による極端な技巧・誇張を特徴とする。代表的画家はエル=グレコ。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニエリスム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マニエリスムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation