@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マニトイズム【まにといずむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マニトイズム
まにといずむ
manituism

アメリカ・インディアンの東部アルゴンキン人において精霊を意味する語マニトゥmanituに由来する用語。この語は人類学者たちにより、西部先住民において呪力(じゅりょく)を意味する語ワカンwakanの同義語として用いられるようになり、今日ではメラネシアやポリネシアに由来するマナmanaの類似語として扱われることが多い。

 ある場合には氏族の祖先から伝承されたトーテム徽章(きしょう)がもつ力とされ、他の場合には青年が成人式において獲得する個人トーテムに含まれる霊力(れいりょく)または呪力とされる。成人式の期間に青年の夢のなかに現れる動物や鳥を、目覚めたのちに殺害し、その皮や骨を用いて鞄(かばん)やアクセサリーをつくり、身に着ける。これが青年を災厄から守り、幸運をもたらすとされるのである。集団統合のシンボルとしてのさまざまな徽章や個々人が身に着ける守護符への信仰もマニトイズムであるといえる。

[佐々木宏幹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニトイズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マニトイズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation