@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マニフェスト・デスティニー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マニフェスト・デスティニー
Manifest Destiny
「明白な (必然の) 運命」あるいは「膨張の天命」と訳され,アメリカの「領土拡大は神の意志」であるという考え方を示す言葉。 1845年 J.オサリバンが『ザ・ユナイテッド・ステーツ・マガジン・アンド・デモクラティック・レビュー』誌に載せた一文のなかに初めて使った。それは 40年代の一連の領土拡張政策,すなわちテキサス併合,オレゴン併合,アメリカ=メキシコ戦争によるニューメキシコ,カリフォルニアなどの獲得を正当化する論拠としてまたたく間に広く愛用されるようになった。 19世紀後半には,さらにキューバ,アラスカ,ハワイ,フィリピンなどへの進出を合理化するイデオロギーとして,民主,共和両党のスローガンに登場し,アメリカの人種的・文化的優越感に基づく帝国主義的進出を支えた。 (→西漸運動 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マニフェスト・デスティニー
まにふぇすとですてぃにー
Manifest Destiny

1840年代にアメリカ合衆国の西方への領土拡張を正当化するために使用されたスローガン。「明白な運命(天命)」と訳される。当時アメリカの西境はロッキー山脈に達していたが、その領土を太平洋岸にまで拡大することは、神が予定した「明白な運命」である、というのがその主張であった。1845年、ジャーナリストのジョン・L・オサリバンが『デモクラティック・レビュー』誌7.8月合併号掲載の、テキサス共和国のアメリカ併合を支持する論文「併合」において使ったのが最初である。同年12月27日、ニューヨーク『モーニング・ニューズ』紙がオレゴン獲得を論じた社説でふたたび用いてから流行語となり、領土拡張主義にたつ政治家たちが愛用した。その後、一般的にアメリカの膨張主義、帝国主義を示す代名詞としても使用されるようになった。

[平野 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニフェスト・デスティニー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マニフェスト・デスティニーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation