@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マハループ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マハループ
Machlup,Fritz
[生]1902.12.15. ウィーン
[没]1983.1.30. ニューヨーク
オーストリア生れのアメリカの経済学者。 1920年代ウィーン大学で F.F.ウィーザーと L.E.ミーゼスに師事。 25年ミーゼスの指導によりウィーン大学で博士号取得。 33年バッファロー大学教授,47年ジョンズ・ホプキンズ大学教授,60年プリンストン大学教授,71年ニューヨーク大学名誉教授。国際収支の均衡に果す所得変動の役割を強調,国際金融システム改革論などで国際金融論に貢献。 R.レスターの批判に対し伝統的な企業の利潤最大化行動仮説を擁護。科学哲学および経済学方法論の分野でも貢献。 67年アメリカ経済学会会長。主著に『国際貿易と国民所得乗数』 International Trade and National Income Multiplier (1943) ,『国際金融システム改革計画』 Plans for Reform of the International Monetary System (62) ,『経済学その他の社会科学の方法論』 Methodology of Economics and Other Social Sciences (78) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マハループ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マハループの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエス[各個指定]芸能部門バルフォアマーラーレハール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation