@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マフグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マフグ
Takifugu porphyreus
フグ目フグ科の海水魚全長 50cm内外。体の背面暗褐色,腹面は白く,尻鰭が黄色を帯び,胸鰭近くに顕著な黒斑がある。皮膚には小棘がなく体はなめらか。北海道以南,日本海,東シナ海黄海に分布する。卵巣肝臓などに猛毒をもつが,筋肉は無毒で食用とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マフグ
まふぐ / 真河豚
[学] Takifugu porphyreus

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。樺太(からふと)(サハリン)以南、日本各地の沿岸、東シナ海に分布する。体の表面には小棘(しょうきょく)がまったくなく滑らかであるためナメラフグともよばれる。体の背側は暗褐色で腹側は白く、体側下方に黄色の縦線が1本走る。胸びれ後方の体側と背びれ基部に黒紋がある。幼魚や若魚には背側に多数の小白斑(はくはん)がある。臀(しり)びれは黄色。体長40センチメートル。肝臓と卵巣は猛毒、皮膚と腸は強毒、精巣は無毒である。

[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マフグの関連情報

関連キーワード

ナマズヒガンバナ(彼岸花)ベーカー=ナン・カメラミズカンナワオキツネザルワサビダイコン(山葵大根)カザリドリカニクイザル層別刈取法ソクシンラン(束心蘭)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation