@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マフムード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マフムード
Maḥmūd b. Subktigīn Yamīn al-Dawla, Abū al-Oāsim
[生]970.11.13.
[没]1030.3.
アフガニスタン,ガズニー朝第7代の (在位 998~1030) 。弟のイスマーイール (在位 997~998) を倒して王位につき,主家のサーマン朝と絶縁し,17回にわたり北インドに侵入。中央アジアのカラハン朝と戦い,北はアラル海から南はインド洋,西はカスピ海から東は北インドに及ぶ大国を樹立した。学問,芸術を保護し,首都ガズニー宮廷にはフィルダウシービールーニーをはじめ多くの学者や文人が集った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マフムード【Maḥmūd】
971‐1030
ガズナ朝最盛期の君主。在位998‐1030年。自らスルタンと号したので,一般にはスルタン・マフムードの名で知られるが,これはカリフから公認された称号ではなく,公式にはアミール地位にあった。ヤミーン・アッダウラYamīn al‐Dawla(王朝右腕)とも呼ばれる。十数度のインド遠征によって,インドのイスラム化への道を開き,カラ・ハーン朝,ブワイフ朝から領土を奪って,最大の版図を実現。首都ガズナを整備し,文人の保護にも尽力した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マフムード
まふむーど
Mahmūd
(971―1030)

アフガニスタン、ガズナ朝の最盛期の君主(在位998~1030)。父サブクティギーンの死後、弟イスマーイールを倒して権力を握った。自らスルタンと号したので、一般にスルタン・マフムードとして知られているが、公的にはあくまでもアッバース朝カリフによって任命されたアミール(総督)の地位にあった。また、ヤミーヌ・アッダウラ(王朝の右手)ともよばれていた。軍隊を整備し、治世の大半を遠征で過ごし、領土の拡大に努めた。東方ではカラ・ハン朝、西方ではブワイフ朝から領土を奪取し、サッファール朝をも服属させた。とくに重要なのは11世紀初頭より十数回に及んだインド遠征で、なかでも1026年のソムナート寺院の偶像破壊は、インドのイスラム化のうえで象徴的な事件であった。彼の最大の失政は、辺境の守備軍としてセルジューク勢力を導入したことで、息子マスウードの代にホラサーンを失う原因となった。27年インド遠征で病を得、激務を続けながら没した。

[清水宏祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

マフムード
Mahmūd
971〜1030
ガズナ朝の王(在位998〜1030)
アフガニスタン・イランイラク・パンジャーブ地方を領有し,また17回にわたるインド遠征を行ってガズナ朝の最盛期をもたらした。また,詩人フィルドゥシーらの文化人を優遇した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マフムード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マフムードの関連情報

関連キーワード

マハムード・ガズナヴィーB判片端心深徒人

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation