@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マヘ【まへ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マヘ
まへ
Mah
インド南西部、ケララ州北部のアラビア海に面する港町。コジコーデの北西60キロメートル、マラバル海岸に位置する。人口3万6823(2001)。1725年以降アラビア海に面するフランスの唯一の植民地として発展してきたが、1956年にインドに返還された。ココナッツ、こしょう、マンゴーなどの積出し港だが、大型船は停泊できない。[林 正久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヘ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マヘの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation