@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マヤ族【マヤぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マヤ族
マヤぞく
Maya
マヤ語を話すラテンアメリカインディアンの諸民族の総称。かつては象形文字や独自の芸術,科学,複雑な政治体系などをもち,紀元前後から 16世紀頃まで高度な文明を築いていた。今日ではグアテマラ高地を中心に居住し,その他はホンジュラスベリーズメキシコユカタン半島などに住む。後者マヤ語系のユカテカ語を話し,ユカタン・マヤ族として区別されている。一般に背が低く,黒褐色の皮膚,黒い直髪をもち,ユカタン・マヤ族は世界で最も丸い頭型をもっている。低地ではトウモロコシを主とする農耕を営み,高地では守護聖者と町とに属する畑を中心とする宗教組織,社会組織,政治組織が一体となった共同体を形成している。習俗は古代マヤ文明とヨーロッパ文化の複合で,古代の神がローマ・カトリックの聖者とされていたり,キリストが神話のなかの文化英雄となっていたりする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マヤ‐ぞく【マヤ族】
Maya》メキシコ南東部ユカタン半島からグアテマラホンジュラスエルサルバドルにかけて居住する民族集団。前4世紀ごろから農業を背景に興隆し、ピラミッド・神殿を建造し、象形文字を用い、天文・暦法を高度に発達させた。3~9世紀にかけて全盛。現在の人口は約200万人。→マヤ文明

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まやぞく【マヤ族】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

マヤ‐ぞく【マヤ族】
〘名〙 アメリカ‐インディアンの一部族。紀元前四世紀から一〇世紀にかけて、グアテマラ、ホンジュラスに国家を営み、後にユカタン半島に移り、一〇世紀から一七世紀にわたり繁栄した。現在はグアテマラ、メキシコにすむ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヤ族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マヤ族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation