@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マヤ語【マヤご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マヤ語
マヤご
Mayan language
ユカタン半島を中心に用いられている言語で,その主流方言 (北部方言) の名前をとってユカテカ語,ユカテカマヤ語ともいう。マヤ語は,その他の諸方言 (東部方言西部方言) およびワステカ語とともにマヤ語群を形成する。東部方言の代表はキチェマヤ語 (約 68万人) ,カクチケル語 (約 43万人) ,マム語 (約 43万人) 。西部方言の代表はツォツィル語 (約 12万人) で,ほかにチョンタル語,チョル語,ツェルタル語,トヨラバル語など。ワステカ語にはチコムセルティカ語も含まれる。ユカテカ語には約 60万人,マヤ語族全体では約 300万人の話し手がいる。マヤ語の話し手 (マセワルと自称) は,アメリカ大陸の先住民族のなかで最も高い文化水準に達していたとみられ,独特の文字ももっていたが,その古代マヤ文字は部分的にしか解読されていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マヤ語
まやご
アメリカ・インディアンの言語で、マヤ・トトナカ語群マヤンセ語族に属する。キチェ、チョルティなど30以上の方言に分かれ、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズなど、約200万の言語人口をもつ。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヤ語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マヤ語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation