@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マユタテアカネ【まゆたてあかね】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マユタテアカネ
まゆたてあかね / 眉立茜
[学]Sympetrum eroticum eroticum
昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。アカトンボの一種であるが、アキアカネより一回り小形で、遠距離飛翔(ひしょう)をしない。雄は成熟によって腹部が紅色に変ずるが、雌ではオリーブがかった褐色となるのが一般的である。頭部を前面から見ると、前額に一見「眉(まゆ)」を思わす2黒点がある。本種の雌には翅端(したん)に熨斗目(のしめ)状の黒紋をもつ個体がある。腹長約25ミリメートル、はねの長さ約3センチメートル。北海道から種子島(たねがしま)までみられる普通種で、東アジア大陸にも分布するが、中国大陸南部、台湾などでは大形化し、いわゆるタイワンマユタテアカネとよばれる。[朝比奈正二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マユタテアカネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マユタテアカネの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation