@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マラウイ湖【マラウイこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マラウイ湖
マラウイこ
Lake Malawi
アフリカ大陸南東部,マラウイタンザニアモザンビーク国境にある南北に細長い湖。旧称ニアサ湖 Lake Nyasa(ニアサはバンツー語系の現地語で「湖」の意)。南北 584km,東西 16~80kmだが,季節によって変化する。面積 2万9604km2アフリカ大地溝帯グレートリフトバレー南端部に位置し,湖面標高 472m,最大水深 704m。湖岸は急斜面が多い。西岸,北東岸から小河川が流入,南端からザンベジ川支流となるシーレ川が流出する。湖岸の都市を結ぶ定期航路があり,小型船はシーレ川やほかの湖沼とも往来し,内陸交通に大きな役割を果たす。魚種が豊富で漁業も行なわれ,観光も盛ん。1859年デービッド・リビングストンが到達して以来, ヨーロッパ人によるアフリカ大陸探検の中心地の一つ。マラウイ共和国の成立に伴って現名に改称された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マラウイ‐こ【マラウイ湖】
Lake Malawi》マラウイ、モザンビーク、タンザニアの国境にある湖。大地溝帯の最南端に位置する。東西約60キロメートル、南北約580キロメートルの細長い湖で、最深部の深さは700メートル以上。面積約3万平方キロメートル。マラウイ領であるリコマ島チズムル島の二つの有人島がある。シクリッドをはじめ固有の淡水魚が多く生息する。湖の南端はマラウイ湖国立公園に指定され、1984年に世界遺産(自然遺産)に登録された。ニアサ湖。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マラウイ湖
まらういこ
Lake Malawi

アフリカ大陸東部の大地溝帯南部にある湖。マラウイ、タンザニア、モザンビーク三国にまたがる。旧称ニアサNyassa湖。東西約60キロメートル、南北約580キロメートルの細長い湖で、湖面の標高は472メートルであるが、最深部の深さは706メートルに及ぶ。面積約3万平方キロメートル。東西を限る山地からいくつかの小河川が流入している。南端から流出するシレ川は水量が豊富で深い渓谷をつくっている。1859年、リビングストンがここに到達した。周辺にはバントゥー系の諸部族が農耕、牧畜、漁業に従事している。西岸南部の穏やかな入り江モンキー・ベイと北岸のムワヤの間に定期船が就航している。

[中村和郎]

世界遺産の登録

マラウイ湖南端に位置するマラウイの国立公園が1984年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「マラウイ湖国立公園」として世界遺産の自然遺産に登録された(世界自然遺産)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マラウイ‐こ【マラウイ湖】
アフリカ大陸南東部、マラウイ・タンザニア・モザンビークの国境にある細長い湖。東アフリカ大地溝帯の南端部に位置する。ニアサ湖。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラウイ湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マラウイ湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation