@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マラケシュ宣言【まらけしゅせんげん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マラケシュ宣言
まらけしゅせんげん
Marrakesh Declaration
1994年4月15日、モロッコのマラケシュで開かれたガット(GATT、関税および貿易に関する一般協定)のウルグアイ・ラウンド閣僚会議で採択された、同ラウンドの終結宣言。マラケシュ宣言は、(1)紛争処理メカニズム、(2)関税引き下げ、(3)知的財産権保護ならびに農業および繊維貿易自由化など、ウルグアイ・ラウンド最終協定が「世界的な貿易、投資、雇用、所得増につながる」と高く評価。また、ガットの機能を発展的に継承する世界貿易機関(WTO)の設立が、「世界的規模での経済協調の新たな時代の幕開けになる」と訴えた。最終協定には109か国・地域が署名。95年1月1日、WTOが発足した。[大井 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラケシュ宣言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マラケシュ宣言の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門クエンティン タランティーノ平山郁夫[各個指定]工芸技術部門トム ハンクスマーティン ランドーアンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一コス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation