@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マラッカ王国【マラッカおうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マラッカ王国
マラッカおうこく
Malacca
1400年頃から 1511年までマラッカ (ムラカ) を中心に栄えた王国。シュリービジャヤ王国の一王子により建国されたと伝えられる。王の後継者たちはまもなくイスラム教に改宗し,イスラム系商人を招いたので,マラッカ港は東南アジアの物産,特に香料西方に運ぶための東西貿易の中心地として発展した。 15世紀なかばにはマレー半島のかなりの部分を領有して,タイアユタヤ朝南下を牽制し,また海峡を越えてスマトラの東岸一帯にも勢力を及ぼして富強を誇ったが,1511年ポルトガルに占領された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まらっかおうこく【マラッカ王国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

マラッカ王国
マラッカおうこく
Malacca
14世紀末〜1511
マラッカを中心に海上貿易で繁栄した東南アジア初のイスラーム王国
初めタイのアユタヤ朝に服従していたが,鄭和の南海遠征隊が寄港するようになると国際貿易港となり,明の朝貢国になった。15世紀半ばのタイの攻撃に際して,国王はイスラーム聖戦を掲げて勝利し,イスラーム定着のきっかけをつくった。1511年ポルトガルの攻撃・占領により滅亡当地言語が島嶼部で広く使われるマレー語となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラッカ王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マラッカ王国の関連情報

関連キーワード

ラファエッロ東南アジア史(年表)ワーツラフ4世信州大学オリジナルグッズムラカ王国ルネサンス史(年表)じん肺診断ミノス文明ウェンツェル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation