@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マラー【まらー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マラー(Jean-Paul Marat)
まらー
Jean-Paul Marat
(1743―1793)
フランス革命期の政治家。山岳派の領袖(りょうしゅう)。当時プロイセン王国領であったスイスのヌーシャテル郡ブードリにカルバン派の両親の下に生まれる。父はイタリアのサルデーニャ出身の医師、母はフランス人。医学研究をボルドーとパリで行ったのち1767年、ロンドン、ついでニューカッスル・アポン・タインで開業し、そのかたわらニュートン批判の論文をフランスの科学アカデミーに送った。その後フランスに帰り、1777年からアルトア伯(後のシャルル10世)警固隊侍医を勤めたが、1789年の革命勃発(ぼっぱつ)を喜び、人権宣言私案を発表。また同年9月中旬から『人民の友』紙を発刊し、ジャーナリストとして発言した。ネッケル駁論(ばくろん)やラ・ファイエット攻撃に紙面を割き、民衆を革命の原動力として賞賛した。投獄されたり当局の追及を逃れたりしたが、情勢を鋭くつかみ、激情的で民衆には人気があった。コルドリエ協会員として国王のバレンヌ逃亡事件後は立憲君主制を攻撃した。民衆の直接行動を説いてチュイルリー宮襲撃のいわゆる「八月十日事件」に心理的影響を与えた。この間、地方からの連盟兵とも接触した彼は、蜂起(ほうき)コミューンの下で監視委員となった。国民公会にパリ県から選ばれ、山岳派のなかでも早くから独裁を主張し特異な存在であった。1793年4月、ジロンド派議員の決議で革命裁判所に送られたが、無罪となった。その後攻勢に転じ、6月2日の民衆蜂起の際、追放さるべきジロンド派議員を指定した。7月13日、自宅で疥癬(かいせん)治療のための入浴中、ジロンド派信奉者の女性シャルロット・コルデーに刺殺された。死後、エベールとジャック・ルーが彼の後継者を自認した。遺骸(いがい)はパンテオンに葬られたが、1794年7月に起こったテルミドールの反動ののち撤去された。[岡本 明]
『前川貞次郎著『人民の友・マラー』(桑原武夫編『フランス革命の指導者 下』所収・1956・創元社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マラーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation