@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マラー
Marat, Jean-Paul
[生]1743.5.24. ヌーシャテル,ブードゥリ
[没]1793.7.13. パリ
フランス革命の指導者の一人。ボルドー,パリ,ロンドンで医学を研究し,医師としての名声をうたわれ,帰国後の 1777~83年アルトア伯 (のちの国王シャルル 10世) の護衛付きの医師となった。この期間中,科学,哲学に関する論文数編を発表,特に光学に関する研究は注目を集めた。 89年革命が勃発すると,政治記者となり『人民』 Ami du Peupleを創刊,反革命派を激しく攻撃した。コルドリエ・クラブに所属してサン=キュロットの代弁の役をつとめ,92年8月 10日の王権停止,続く九月虐殺事件に最大の役割を果し,パリ選出の国民公会議員となった。 93年1月国王ルイ 16世の死刑に賛成票を投じ,革命裁判所と公安委員会の設立に賛同。この頃よりジロンド派と意見が対立し,『フランス共和国新聞』 Journal de la République Française (1792年9月 21日に『人民の友』を改称) 紙上で辛辣な批判を加えたため,国民公会におけるジロンド派の攻撃の的となった。国民公会はマラーの逮捕令状を採択 (93.4.6) したが,革命裁判所で無罪となり,ジロンド派は重大な打撃を受け,いまや国民公会はマラーが支配するところとなった。以後ジロンド派を容赦なく弾圧,ジロンド派の崩壊を告げる 93年6月2日の蜂起を組織したが,7月 13日入浴中にジロンド派を支持する C.コルデ暗殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラー
Muller, Hermann Joseph
[生]1890.12.21. ニューヨーク
[没]1967.4.5. インディアナポリス
放射線遺伝学を確立したアメリカの遺伝学者。コロンビア大学に学び,E.ウィルソンに師事。 1912年 T.モーガンの率いるショウジョウバエ研究グループに加わって遺伝学の研究を開始。 16年に遺伝子の交差に関する研究で学位取得。その後,ライス研究所所員,コロンビア大学講師を経て,テキサス大学教授 (1920~32) 。 27年にはX線照射によって人為的に突然変異を起させることに成功。これは遺伝学,育種学のその後の歩みに決定的な影響を及ぼすものであった。 31年,アメリカ科学アカデミー会員に選ばれる。神経衰弱の治療も兼ねてカイザー・ウィルヘルム研究所に移り (32) ,遺伝子の生物物理学研究に先鞭をつける。 33年 N.バビロフのはからいでソ連に行き,遺伝学研究所の所員となるが,T.ルイセンコ一派の台頭によってソ連の遺伝学界が制圧されるに及び,37年イギリスに渡り,エディンバラの動物遺伝学研究所所員としてイギリスの遺伝学の発達に大きな影響を与えた。 40年帰国,アムヘルスト大学を経て,45年よりインディアナ大学教授。 46年,突然変異を誘起した研究によって,ノーベル生理学・医学賞を受賞。この頃より盛んに社会的発言を行い,人類の進化のために精子銀行の設立を提案して反響を呼んだ。人類の進化に関する彼の議論は『人類の遺伝子の将来』 What genetic course will man steer? (67) にまとめられている。彼はまた,核兵器の開発が始ったばかりの頃,放射線による突然変異の危険性をいちはやく指摘し,警告を発した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マラー(Hevmann Joseph Muller)
[1890~1967]米国の遺伝学者。ショウジョウバエを材料に遺伝子の交叉現象を研究。また、X線による人工突然変異誘発に成功。1946年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラー(Jean-Paul Marat)
[1743~1793]フランスの革命家フランス革命にあたって「人民の友」紙を発刊し、民衆運動を賞賛。国民公会議員に選出後は、山岳派の指導者として活躍ジロンド派没落後、支持者の女性に刺殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マラー【Hermann Joseph Muller】
1890‐1967
アメリカの遺伝学者。ニューヨーク生れ。コロンビア大学に学ぶ。T.H.モーガンに師事し,ショウジョウバエ遺伝学を研究。1918‐20年同大学講師,20‐36年テキサス大学で準教授,教授を歴任。ついでレニングラード,モスクワへ赴く。ここでT.D.ルイセンコと論争し,イギリスに渡り,37‐40年エジンバラ大学に勤務。45‐64年インディアナ大学教授。モーガン学派の一員としてショウジョウバエを材料にしてメンデリズムの確立に貢献するが,とくにX線を用いての人工突然変異誘出の研究(1927)は高く評価され,1946年ノーベル生理学・医学賞受賞。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

マラー
[一] (Jean Paul Marat ジャン=ポール━) フランスの革命家。一七八九年「人民の友」紙を発刊して民衆運動に刺激を与え、国民公会議員に選出された後は山岳派に参加。ジロンド派を議会から排除し、そのためにジロンド派の女性に入浴中刺殺された。(一七四三‐九三
[二] (Hermann Joseph Muller ハーマン=ジョセフ━) アメリカの遺伝学者。遺伝子の理論および突然変異の研究を行なう。一九四六年X線による人工突然変異の研究でノーベル生理学・医学賞受賞。(一八九〇‐一九六七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

マラー
Jean Paul Marat
1743〜93
フランス革命時代の政治家・民衆指導者
革命の勃発とともに「人民の友」紙を発行し,下層市民(サンキュロット)の立場を代表して人気を得た。ダントンロベスピエールとともにジャコバン派を指導。国民公会で国王裁判・ジロンド派攻撃の先頭に立った。ジロンド派の追放後,女性シャルロット=コルデーに入浴中暗殺された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マラーの関連情報

関連キーワード

ルクレールツンベリー生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山カートライト亀井南冥クラプロートコンドルセ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation