@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マリオネット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マリオネット
marionette
糸で吊下げて操作する人形劇語源は中世フランス語で「聖母マリアの小さな」を意味する marion,marioleと考えられる。小型舞台を設け,操り手が舞台上部から人形を動かす。古くは人形の頭部につけた1本の棒や針金で操作したが,18~19世紀に数本ので操る工夫がされた。フランスではシャルルマーニュ大帝 (カルル1世〈大帝〉) の軍記物語やローラン伝説,イギリスではイタリア喜劇の流れをくむパンチとジュディのショーなどが人気を博し,19世紀には,風刺戯画化の手段として,人形劇が芸術家の間に新たな関心を呼んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マリオネット(〈フランス〉marionnette)
糸でつるして操る人形。また、それを使う人形劇。操り人形。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

マリオネット
愛田真夕美による漫画作品。19世紀末のフランス、若い美貌の伯爵ダニエルの周りに起こる数々の猟奇事件を描く。『花とゆめ』1981年2月増刊号~1984年4号に連載。白泉社花とゆめコミックス全9巻。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まりおねっと【マリオネット】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マリオネット
まりおねっと
marionette

人形劇の一形式。糸操り人形string puppetをさす名称だが、ときには多様な人形劇の総称としても使われる。関節が自由に動く人形を、糸受けにつけた糸で吊(つ)り下げ、上から操る。糸は通常9本くらい、人形により1、2本から20本前後まで多様。糸受けは吊手(つりて)、コントローラーともよばれ、構造も種々ある。古い形式には、鋼鉄線で吊り下げたもの、鉄線と糸との複合で操作するものもある。語源は、フランスの女性名マリオンの愛称、小さな聖母マリアからの転化など定説はない。ヨーロッパでは伝統人形劇の主流をなし、インド、中国などでも古くから行われた。日本では江戸時代南京(ナンキン)操りともいわれたが、舞台的発達は明治以後で、昭和初期、現代人形劇の黎明(れいめい)期には主流であった。

[川尻泰司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マリオネット
〘名〙 (marionnette) 糸操(あやつり)人形。また、それを用いた人形芝居。
※望郷(1925)〈池谷信三郎〉急速調「丁度糸の切れた操人形(マリオネット)のやうに、ばたりと倒れて了った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリオネット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マリオネットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation