@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マルティアリス

デジタル大辞泉

マルティアリス(Marcus Valerius Martialis)
[40ころ~104ころ]古代ローマ詩人。1500編以上に及ぶエピグラムで有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マルティアリス【Marcus Valerius Martialis】
40ころ‐104ころ
ローマのエピグラム詩人。イベリア半島中部の町ビルビリスに生まれた。64年にローマに移り住み,同じくヒスパニア(スペイン)出身であったセネカや叙事詩人ルカヌスと交際をもつようになる。しかし,この二人は65年のネロ帝に対する陰謀事件に連座したため,彼らとの交わりは長くは続かなかった。マルティアリスは,その後,98年に至るまでローマに逗留し,フロンティヌスユウェナリス,シリウス・イタリクス,クインティリアヌス,小プリニウスら同世代の文人たちと親しく交わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マルティアリス
まるてぃありす
Marcus Varelius Martialis
(40ころ―104以前)

古代ローマのエピグラム(寸鉄詩)詩人。スペインの生まれ。同地で教育を受けたのち、64年ごろローマに移り住み、同郷人セネカの家に身を寄せ、その死後文筆で細々と生計を支える。小プリニウス、クインティリアヌス、ユウェナリスら貴族や文人と交わりを深め、しだいに認められて、皇帝から騎士の身分を授けられる。80年コロセウムの開場に際して『見世物(みせもの)の本』を発表し、84年ごろの作品『クセニア』(贈り物)、『アポフォレタ』(土産(みやげ)物)によって名声を確立、85年以後『エピグラム集』12巻を順次発表する。しかし、大都会ローマでの生活に倦(う)み疲れ、98年ごろ故郷に帰り、後援者から贈られた土地で余世を送った。

 彼はもっぱらエピグラムとよばれる短詩を用いて人間の愚かさを風刺し、「私の本は人間の匂(にお)いがする」ことを誇りとしたが、友人ユウェナリスのような社会批判はみられない。その作品中には、ときに猥雑(わいざつ)な表現や権力者への卑屈な態度もみいだされるが、彼は鋭い洞察と引き締まった文体によってエピグラムを文学様式として完成し、白銀時代を代表する詩人の1人となった。

[土岐正策]

『樋口勝彦訳『エピグラム集』(『世界名詩集大成1 古代・中世篇』所収・1966・平凡社)』『藤井昇訳『マールティアーリス詩選――附録・ギリシア詞華集』(1964・大学書林)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マルティアリス
(Marcus Valerius Martialis マルクス=ウァレリウス━) 古代ローマ帝政期の詩人。ヒスパニア生まれ。風刺と機知に富んだ短編詩を書いた。「エピグラム集」が現存。(四〇頃‐一〇四頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルティアリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルティアリスの関連情報

関連キーワード

ラザホージウムラザホージウム期待値労働基準監督署α-グロブリン超アクチノイド元素104キーボードWindowsキークルチャトビウム家庭用品品質表示法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation