@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マルハチ

世界大百科事典 第2版

マルハチ【Cyathea ogurae Hayata】
小笠原特産の木生シダで,ひらけた斜面に群生する。葉が不鮮明な離層で脱落するが,落ちたあとの表面に,維管束配列漢字の八の字を逆にしたように見えるので,丸の中に八の字が見えるということから和名がついた。これが基となり,ヘゴ科の和名のように使われるようになったので,幹が形成されず,したがって丸の中に八の字の見える葉の痕跡が残らないクサマルハチのような種にも,同じ名が与えられている。幹は直立して5mに達し,先端に葉を冠状に出す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マルハチ
まるはち / 丸八
[学] Cyathea mertensiana Copel.

ヘゴ科の大形木生シダ。葉の落ちたあとの幹の表面に、丸に逆さ八の字模様がみえるためにこの名がある。葉柄は緑色で、ヘゴのような刺(とげ)はない。マルハチは小笠原(おがさわら)諸島の特産で、沖縄諸島のヒカゲヘゴC. lepiferaの近縁。

[西田治文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルハチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルハチの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation