@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マルメ

デジタル大辞泉

マルメ(Malmö)
スウェーデン南部、スコーネ地方の港湾都市。ストックホルムイェーテボリに次ぐ同国第3の都市。造船、自動車などの工業が盛ん。イョーレ(エアスン)海峡の対岸にあるデンマークのコペンハーゲンとはオーレスン大橋で結ばれる。1434年に築造されたマルメ城がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マルメ
まるめ
Malm
スウェーデン南部、スコーネ地方の工業・港湾都市。人口26万2397(2001)。首都ストックホルム、イョーテボリに次ぐスウェーデン第三の都市。エアスン(イョーレ)海峡を挟んでデンマークに相対し、同国との間に定期連絡船が就航。コックムス大造船所があるほか、機械、航空機、家具、セメントなどの諸工業が発達する。1999年8月にはイョーレ海峡を橋と海底トンネルで結ぶ工事が完了、2000年7月にエアスン大橋(エーレスンド大橋)が開通し、マルメとデンマークの首都コペンハーゲンは自動車道路と鉄道で直接結ばれることになった。12世紀より漁港として知られ、13世紀に至りハンザ同盟の商人により商港として発展、とくにニシン漁で栄えた。14世紀にはスウェーデン王より都市権を与えられたが、16世紀に入りデンマーク領となった。マルムヒュース城は1434年に築かれた要塞(ようさい)で、その後破壊されたが再建された。16世紀には市長ヨルゲン・コックによりデンマーク最初の宗教改革の中心地となった。1658年スウェーデン領となり、18世紀に港湾施設を整備して国際港として発展。旧市街は堀に囲まれ、大広場を中心に市庁舎、聖ペトリ教会、ヨルゲン・コックの家など、16世紀初期の商家が近代建築と調和して残り、住宅地はそれより東に広がっている。公園が多く美術館、劇場など文化施設も多い。[中島香子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation