@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マロン派【マロンは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マロン派
マロンは
Maronites
アンチオキア式東方典礼に服するカトリック教会一団レバノンシリア=アラブ共和国に多い (約 40万) 。名称はそのとされるシリアの隠遁者マロン (?~423頃) に由来する。アンチオキア総大司教ヨハネス・マロ (685~707) の指導のもとにビザンチン軍の侵入を退け独立を保持。7~8世紀頃は強大な勢力をもち,イスラムの侵入に抵抗し,ウマイヤ朝カリフもみつぎ物をしたといわれる。長い間コンスタンチノープルのセルギウス教義に従い,異端とされたキリスト単意説を奉じていたが,十字軍時代からローマ・カトリック教会に帰属し,18世紀に東方典礼カトリック教会となった。オスマン帝国の支配下ではフランスに保護されたが,ドゥルーズなど他派との反目迫害が絶えず,1860年には多数の信者が虐殺され,多くの亡命者を出した。レバノンの独立に大きく貢献し,共和国成立後は確固たる勢力をもち,不文律ながら大統領は常に同派から選出されている。典礼は西シリア語等で行われ,独特の様式をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マロン‐は【マロン派】
Maronite東方正教会一派。7世紀以来、イスラム教徒の迫害に耐えてレバノン山中に隠れ住み、信仰を守った。19世紀にレバノン一帯に広がり、現在もレバノンの主要宗派の一つ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マロンは【マロン派 Maronites】
東方キリスト教の一宗派で,レバノンを中心とする東方典礼カトリック教会。アラビア語ではマールーニーMārūnī。5世紀にオロンテス河谷で独特のキリスト論(二つの性質・一つの意志)をもつキリスト単意論者の集団として成立したが,十字軍時代にローマ・カトリックに帰属し,18世紀に正式に東方典礼カトリック教会となった。独自の典礼をもち,礼拝用語はアラビア語と一部シリア語で,〈アンティオキア総大主教〉と称する首長をいただく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マロン派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マロン派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation