@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マンタ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マンタ
Manta
エクアドル西部,マナビ州西部の都市。州都ポルトビエホの西北西約 30km,太平洋マンタ湾にのぞむ港湾都市。前 3000年に人が住んでいたと考えられる地で,1200年頃にはインディオのマンタ族の首都であった。スペイン植民地時代にはポルトビエホからの移住者が町を建設。現在パナマ帽輸出港として知られるほか,同州の主要港としてコーヒー,カカオ,植物油,ゾウゲヤシの実などを積出す。市内には食品加工,製材,なめし皮,綿織物などの工業が立地。漁業基地でもあり,マグロ缶詰工場がある。近くに海浜保養施設がつくられ,魚釣りなども楽しめるため,近年観光業が発展してきている。キト,グアヤキルなどと道路で連絡。人口 12万 5505 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンタ
イトマキエイ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

マンタ
和名・オニイトマキエイエイの中で最大の大きさを持つ。ブラックマンタと呼ばれる全身黒の個体もある。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まんた【マンタ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

マンタ
〘名〙 (manta) イトマキエイ科の海産のエイ類の一種。体盤幅が約七メートルに達する。世界の亜熱帯・熱帯域に分布し、中層を遊泳する。頭胸部は扁平な体盤状、尾部はムチ状で、尾びれはない。頭部の目の前方に、胸びれの一部が耳状に突出した一対の頭鰭となっている。この形状が特異で、ダイビングの対象魚として人気が高い。口は頭鰭の間の頭部前縁にあり、動物プランクトンを食べる。和名、オニイトマキエイ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マンタ(〈ラテン〉Manta)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マンタの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation