@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マンデラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マンデラ
Mandela, Nelson
[生]1918.7.18. 南アフリカ連邦,ウムタータ
[没]2013.12.5. 南アフリカ共和国,ヨハネスブルク
南アフリカ共和国の政治家,法律家,黒人解放運動指導者。大統領(在任 1994~99)。フルネーム Nelson Rolihlahla Mandela。テンブ族の首長の家に生まれ,1942年ウィットウォーターズランド大学で法律の学位を取得。1944年アフリカ民族会議 ANCに参加,反アパルトヘイト運動に従事する(→アパルトヘイト)。1952年オリバー・タンボとともに弁護士事務所を設立した。1956年国家反逆罪に問われたが 1961年無罪判決を言い渡された。1962年再逮捕され,懲役 5年の刑で投獄された。1963年に始まったリボニア裁判で数人の活動家とともに破壊行為,国家反逆罪,暴力的陰謀罪に問われ,翌 1964年終身刑を宣告され,1964~82年ロブン島に収監。1990年2月 F.W.デクラーク大統領率いる政権により 28年ぶりに釈放され,1991年 ANC議長に選出された。アパルトヘイトを撤廃したデクラーク政権と和平協定を結び,1993年デクラークとともにノーベル平和賞を受賞した。1994年南アフリカ史上初めて全人種が参加する制憲議会選挙で ANCが勝利を収め,南アフリカ初の黒人大統領となった。1999年任期満了に伴い政界を引退。同 1999年ネルソン・マンデラ基金を設立し,政界引退後も平和,和解,社会正義の擁護者として国際社会にその存在感を示した。著書に著作・演説集『ネルソン・マンデラ/闘いはわが人生』The Struggle Is My Life(1978,1990改訂),自叙伝『自由への長い道』Long Walk to Freedom(1994)がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マンデラ(Nelson Rolihlahla Mandela)
[1918~2013]南アフリカ共和国の黒人解放運動指導者・政治家。1990年、27年間の獄中生活ののち釈放され、翌年アフリカ民族会議(ANC)議長に就任白人との協調路線をもとに白人単独支配を終結させ、第8代大統領に就任。在任1994~1999。1993年ノーベル平和賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マンデラ【Nelson Rolihlahla Mandela】
1918‐
南アフリカの政治家。その半生を反アパルトヘイト闘争に費やしたアフリカ人活動家。東ケープ州ウムタタ近くのクヌで生まれる。父はテンブ族の首長。1939年フォートヘア大学に入学したが,翌40年学生運動で放校処分を受けヨハネスバーグに出る。44年アフリカ人民族会議(ANC)に入党。同年O.タンボらとANC青年同盟を結成し書記長となる。50年以降,青年同盟議長となり,不服従抵抗運動を組織し活動を続け,52年禁止処分を受ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マンデラ
まんでら
Nelson Rolihlahla Mandela
(1918―2013)

南アフリカ共和国黒人解放運動指導者、政治家。トランスケイのテンブ人の首長の子として生まれる。ウィトワーテルスランド大学法学部を卒業。ヨハネスバーグで弁護士開業(1952~1956)。在学中アフリカ民族会議(ANC)に入党、その青年同盟を創設。反アパルトヘイト運動に取組む。1952年ANCトランスバール支部長。同年の抗議キャンペーンにより逮捕、さらに1955年の自由憲章採択で国家反逆罪として5年間(1956~1961)投獄、1962年再逮捕。1964年終身刑となりロッベン島やポールスムア刑務所に収容され、1990年2月釈放。釈放後、ANC副議長に就任、当時の大統領デクラークとの予備会談にANC代表として出席。1991年ANC議長に就任し、以後デクラークと協力して全人種代表が参加した二度の民主南アフリカ会議、さらに多党交渉フォーラムを開き、暫定政府、暫定憲法を作成。それに基づき1994年4月に南ア史上初の全人種参加選挙が実施され、ANCが勝ち、マンデラは大統領に就任。国民党、インカタ自由党と国民統合政府を樹立した。新政府は民族和解・協調政策を進め、黒人・白人の経済格差是正の復興開発計画(RDP)を実施した。1997年12月のANC党大会でマンデラは、議長の座を副大統領のT・ムベキに譲り、1999年の総選挙を機に政界から引退した。2004年公的活動からも引退を表明。1993年デクラークとともにノーベル平和賞受賞。

[林 晃史]

『東江一紀訳『自由への道――ネルソン・マンデラ自伝』上下(1996・日本放送出版協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

マンデラ
Nelson Rolihlahla Mandela
1918〜  
反アパルトヘイト運動の指導者。南アフリカ共和国大統領(在任1994〜99)
コーサ族の部族長の出身。早くからアフリカ民族会議(ANC)青年部で反アパルトヘイト運動に参加し,1952年にはタンボとともに黒人初の弁護士事務所を開設して黒人解放運動を続けた。1960年のANC非合法化に対抗して地下武装闘争を始め,1962〜90年まで約27年間獄中生活を過ごした。1990年にデクラーク大統領によるアパルトヘイト関連法案の撤廃決定とともに釈放,翌年タンボの後任のANC議長に就任した。1994年には全人種参加の選挙により,大統領に就任,ここに南アフリカでの白人単独支配は終わった。以後内政の安定や,アフリカ諸国の調停役としての外交にも努力し,後任のムベキに大統領職を引き継いだ。1993年にはデクラークとともにノーベル平和賞を受賞。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンデラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マンデラの関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三東欧史(年表)ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation