@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マンモス・ケーブ国立公園【マンモスケーブこくりつこうえん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マンモス・ケーブ国立公園
まんもすけーぶこくりつこうえん
Mammoth Cave National Park
アメリカ合衆国、ケンタッキー州南部の国立公園。世界最大の石灰岩の洞穴を中心とする。面積214平方キロメートル。1926年制定。1799年に発見されたこの地下洞穴は、全長580キロメートル以上で、五層構造をもち、洞内温度は12℃と一定温度を保つ。内部は多くの部屋に分かれ、石筍(せきじゅん)や石柱の形状からフローズン・ナイヤガラ、スノーボール・ルーム、ルーズベルト・ルーム、マンモス・ドームなどの名前がつけられており、目を見張る光景が展開される。洞穴の最下位部をエコー川が流れ、メクラウオ、コウモリやわずかの昆虫類が洞内に生息する。地上は深い緑に覆われ、野生生物も多い。1981年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[作野和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンモス・ケーブ国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マンモス・ケーブ国立公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation