@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マーカービーコン

デジタル大辞泉

マーカー‐ビーコン(marker beacon)
計器着陸装置ILS)のうち、進入コースの直上に向けて電波を発射して航空機に上空通過を確認させ、滑走路の着陸進入端までの距離を知らせる装置。滑走路端から約300メートル・1000メートル・7000メートルの地点にそれぞれ内側・中央・外側無線位置標識が設置される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まーかーびーこん【マーカービーコン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マーカービーコン
まーかーびーこん
marker beacon
75メガヘルツのVHF電波を用いて、航空路あるいは計器進入経路を飛行中の航空機に対し、特定地点の上空を通過したことを音声および視覚信号で知らせる無線施設。航空機がこれを受信すると計器盤上にマーカービーコン表示灯が点灯するとともに音の信号を発するようになっている。これらのマーカーは、通常航路上に設置された無線施設と組み合わせ、あるいはILSの一部として使用される。マーカービーコンは、ファンマーカー(FM)、低出力ファンマーカー(LFM)、Zマーカーの三つの等級に分けられる。ファンマーカーは計器進入区域内にILSと併置され、Zマーカーは航空路上の特定点を示すために設置される。日本では低出力ファンマーカーがILSのアウターマーカー、ミドルマーカー、インナーマーカーとして利用されている。Zマーカーは出力5ワットで、計器飛行中の航空機に航空路上の特定点を示すものである。ファンマーカーには出力が100ワットと5ワットの2種類あり、前者は航空路に設置され、後者は計器進入区域内にILSと併置されている。[青木享起・仲村宸一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーカービーコン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マーカービーコンの関連情報

関連キーワード

ILS自動着陸装置精測進入レーダーPAPIRNP ARMLSGCA計器着陸装置(ILS)自動着陸装置

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation