@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マーシア王国【マーシアおうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マーシア王国
マーシアおうこく
Kingdom of Mercia
イギリス,アングロ・サクソン時代の七王国の一つ。国名は「国境の人々」を意味するメルセ Merceに由来。アングル人を主体として,トレント川の上・中流部および支流地方を中心に興り,王ペンダ (在位 632~654) の頃から勢力を拡大,やがてイングランド中部を占める国家となった。8世紀にはアゼルバルド (在位 716~757) ,オッファ (在位 757~796) 両王のもとで,ハンバー川以南の全イングランドを支配下においたが,オッファ以後衰退し,825年ベオルンウルフ王はエレンダンの戦いでウェセックス王エグベルトに敗れ,829年征服された。まもなく独立を回復したが,9世紀なかばデーン人国土の大半を奪われ,同世紀後半ウェセックスのアルフレッド大王のイングランド王権下に入った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシア王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マーシア王国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation