@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マーシャル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マーシャル
Marshall, Alfred
[生]1842.7.26. ロンドン
[没]1924.7.13. ケンブリッジ
イギリスの経済学者,ケンブリッジ学派の始祖。ケンブリッジのセント・ジョーンズ・カレッジで数学を専攻し,1865年第2位で卒業して同カレッジのフェローに選ばれた。 77~81年ブリストルのユニバーシティ・カレッジの学長兼経済学教授,83~85年オックスフォードのベリオル・カレッジのフェロー兼経済学講師を経て,85年ケンブリッジ大学教授。 90年王立経済学会の設立やその機関紙"Economic Journal"の発刊にも尽力し,91~94年王立労働委員会委員をつとめる。最初は分子物理学の研究を意図したが,グロート・クラブに加入した頃 (1867) から社会の貧困問題を契機に哲学,倫理学,心理学を研究し,70年代初めに経済学に定着。その後は理論面の研究を進める一方,新興国における保護主義の実情視察のため渡米,この頃からアメリカ,ドイツの台頭によってイギリスの産業上の主導権の急速な失墜に関心をもつようになった。主著経済学原理』 Principles of Economic (90) の公刊で経済学者として不動の地位確立したが,その基礎となった処女作であり,夫人 M.P.マーシャルとの共"The Economic of Industry" (79) も注目されている。彼の経済学はしばしば部分均衡理論として特徴づけられているが,これはその供給面の分析,特に時間要素の取扱いと密接な関連をもつ。長期にわたる研究の成果である『産業貿易論』 Industry and Trade: A Study of Industrial Technique and Business Organization,and Their Influences on the Conditions of Various Classes and Nations (1919) と『貨幣・信用及び商業』 Money,Credit and Commerce (23) もマーシャル経済学の必読書。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall, Benjamin
[生]1767
[没]1835
イギリスの画家肖像画家 L.アボットに師事。肖像画,動物画も描いたが,特にスポーツ画家として名声を得た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall, George Catlett
[生]1880.12.31. ペンシルバニア,ユニオンタウン
[没]1959.10.16. ワシントンD.C.
アメリカの軍人,政治家。 1901年バージニア士官学校卒業後,職業軍人として,フィリピン,中国などを回った。 39~45年陸軍参謀総長となり,F.ルーズベルトの助言者として第2次世界大戦で活躍し,カサブランカ,テヘラン,ヤルタ,ポツダム諸会議に出席。 47~49年国務長官,50~51年国防長官。国務長官時代の 47年6月5日ハーバード大学の卒業式の講演で,有名なマーシャル・プラン提唱した。ヨーロッパの経済復興に対する功績が認められ,53年ノーベル平和賞が贈られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall, James Wilson
[生]1810.10.8. ニュージャージー
[没]1885.8.10. カリフォルニア,コロマ近郊
アメリカ,カリフォルニアの開拓者。 1845年7月現在のサクラメントに達し,J.サッターと共同で製材工場の建設を開始。放水路改修の途中 48年1月 24日金塊を発見,これがゴールド・ラッシュ発端となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall, John
[生]1755.9.24. ジャーマンタウン近郊
[没]1835.7.6. フィラデルフィア
アメリカの法律家,政治家。独立戦争時には軍隊で活躍,やがて政界で才能を示し,合衆国建国後は連邦の権限を広く認めようとする連邦派に属して活躍,国務長官をつとめた (1800~01) 。のち,連邦派の勢力温存の趣旨から同派所属の第2代大統領 J.アダムズによって第4代合衆国最高裁判所長官に任命された。 1835年にいたるまでの長官在職中,裁判所の権威の確立と連邦政府の権限の確保,拡大のために力を尽し,アメリカの憲法体制の基礎をつくった。彼みずから筆をとって,違憲立法審査権を裁判所がもつことを宣明し,アメリカ憲法の一大特質を形成するきっかけをつくった,03年のマーベリー対マジソン事件はとりわけ有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall, Sir John Hubert
[生]1876.3.19. チェスター
[没]1958.4.17.
イギリスのインド考古学者。ケンブリッジに学ぶ。 1902~28年までインド考古調査局の長官。インダス文明モヘンジョ・ダロ遺跡発掘 (1922~31) ,北西インドの古代都市タクシャシラー (タクシラ) の発掘 (13~34) で大きな成果をあげた。サーンチー遺跡の調査,研究や,ガンダーラ美術の研究でも名高い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall, Thomas Riley
[生]1854.3.14. インディアナ,ノースマンチェスター
[没]1925.6.1. ワシントンD.C.
アメリカの法律家,政治家。 1875~1909年インディアナ州で法律家として活躍。 08年民主党員として同州知事に当選。 12年 T.W.ウィルソンの副大統領に選ばれ,16年再選され2期つとめた。第1次世界大戦前は絶対中立立場を取ったが,戦後国際連盟を支持した。ユーモアに富み,アメリカ史上最も人気があり,最も長く在任した副大統領。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall
アメリカ合衆国,テキサス州東端の都市。南北戦争中は,ミズーリ州の仮首府がおかれた。テキサス・パシフィック鉄道の沿線にあり,農産物石油材木交易,積出し,加工の中心地。ワイリー大学 (1873創立) ,その他の教育施設がある。人口2万 3682 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル
Marshall, Barry J.
[生]1951.9.30. カルグーリー
オーストラリアの医学者。 1974年ウェスタンオーストラリア大学を卒業,ロイヤルパース病院 (1977~84) を経て 1986年アメリカのバージニア大学研究員兼教授,1996年同大学医学研究所教授,1997年母校の教授に就任。ロイヤルパース病院勤務期間中,胃炎患者の胃粘膜に未知の桿状の細菌,ピロリ菌 (ヘリコバクター・ピロリ) が存在することを示した同病院の病理医 J.ロビン・ウォレンとともにピロリ菌の研究を開始,患者 100人の組織を調べ,胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍の罹患者のほとんどすべてからこの菌の存在を確認した。 1982年ピロリ菌の分離・培養に成功。みずから培養した菌を飲み込み,この菌が胃炎を起こすことを証明した。ストレスや胃酸過多が主たる原因とみなされていたそれまでの常識を覆し,ピロリ菌が病原菌であることを示し,予防や治療に大きな変革をもたらした。この功績により,2005年ウォレンとともにノーベル生理学・医学賞を受賞。 1995年ラスカー賞,1997年パウル・エールリヒ賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マーシャル(Alfred Marshall)
[1842~1924]英国の経済学者。古典学派を継承して限界分析の手法を導入、ケンブリッジ学派創始。著「経済学原理」「産業貿易論」など。→マーシャルのk

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

マーシャル Marshall, John
1833-1887 イギリスの港長。
1833年8月5日生まれ。オーストラリア港長をつとめたのち,明治3年(1870)来日。翌年兵庫県にやとわれ,神戸港の初代港長となる。6年神戸築港を建議(39年着工)。また神戸の気象観測,天気図を作成した。明治20年8月7日神戸で死去。54歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

マーシャル Marshall, David Henry
1848-1932 イギリスの数学者。
明治6年(1873)日本政府の招きで来日し,工部省工学寮,のち工部大学校の数学教師となる。14年帰国し,イギリス各地の大学でおしえ,のちカナダにわたる。1932年3月14日死去。84歳。スコットランド出身。エジンバラ大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

マーシャル【Alfred Marshall】
1842‐1924
イギリスの経済学者。ロンドンに生まれケンブリッジ大学を卒業。1885年から1908年までケンブリッジ大学の経済学教授を務め,A.C.ピグー,J.M.ケインズをはじめとする一群の経済学者を育てて,ケンブリッジ学派を形成した。主著《経済学原理》(1890)はその後30年間にわたって8版を重ね,当時の支配的学説として世界中に影響を及ぼした。スミスリカードからイギリス経済学の正統を引くJ.S.ミルの《経済学原理》(1848)は,1871年にミル自身による最後の改訂版として出版されたが,そのころマルクスの《資本論》(1868),ジェボンズの《経済学の理論》(1871),メンガーの《国民経済学原理》(1871)など新しい動向を象徴する著作が現れるようになっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マーシャル【George Catlett Marshall】
1880‐1959
アメリカの軍人,政治家。第2次大戦時の戦争指導に卓越した手腕を発揮した陸軍参謀長(1939‐45)であり,また戦後国際的責任の拡大したアメリカの外交指導を担った国務長官(1947‐49)。第1次大戦時にはヨーロッパ派遣軍の参謀として対独反攻作戦に加わり,戦間期にはJ.J.パーシング陸軍参謀長の副官を務めた。1939年に陸軍参謀長に任ぜられ,陸軍の規模編成を一新する改革を遂行して,地球的危機に対応する戦時体制を整えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マーシャル【John Marshall】
1755‐1835
アメリカの裁判官。バージニア州出身。ジョン・アダムズ大統領のもとで国務長官(1800‐01)を務めたのち,アダムズにより第4代の合衆国最高裁判所首席裁判官に任命され,1801年から35年までその地位にあった。その説得力ある議論によって他の裁判官に大きな影響を与え,発足まもない最高裁判所の進路を決定した。マーシャルは連邦派(フェデラリスツ)の立場に立っており,それが憲法解釈に色濃く反映する。すなわち,彼は,マーベリー対マディソン事件(1803)で,当時の諸説のうち最も広範囲かつ強力な形で違憲立法審査権を樹立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マーシャル【John Hubert Marshall】
1876‐1958
イギリスの考古学者。ギリシアクレタトルコなどで発掘調査に従事したのち,1901年にインド考古調査局長官に就任する。チャールサダの発掘(1903)を皮切りに,以後約30年間にわたり,サールナート,サーンチー,タキシラ,モヘンジョ・ダロ,ハラッパーなど数多くの遺跡の調査,発掘を行う。28年長官を辞すが,34年まで考古調査局内で活動。インダス文明の存在を明らかにしたのをはじめ,歴史時代の考古学,美術史,建築史の分野でも大きな業績をあげ,インド人考古学者の育成にも力をそそいだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マーシャル【Thomas Humphrey Marshall】
1893‐1981
現代イギリス社会学,社会政策論の代表的研究者。ロンドン生れ。ケンブリッジのトリニティ・カレッジで歴史学を専攻し,ケンブリッジ大学のフェローとなる。1925年から56年まで,ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに奉職して,その間,1944年から50年まで社会科学部長,その他多くの要職を歴任した。56年から60年までパリのユネスコの社会科学部長,1959年から62年まで国際社会学会会長と,その活動は広範多岐にわたっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マーシャル【Marshall】
Alfred M. 1842~1924 イギリスの経済学者。ケンブリッジ学派の創設者で、部分均衡分析の方法を確立。進化論に触発されて、有機的成長の概念によって経済成長をとらえようとした。著「経済学原理」など。
George Catlett M. 1880~1959 アメリカの軍人・政治家。陸軍参謀総長として第二次大戦の戦略を指導。トルーマン政権の国務長官を務め、マーシャルプランを提唱。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マーシャル
[一] (Alfred Marshall アルフレッド━) イギリスの経済学者。ケンブリッジ学派の創始者。主著「経済学原理」「産業貿易論」。(一八四二‐一九二四
[二] (George Catlett Marshall ジョージ=キャトレット━) アメリカの軍人、政治家。トルーマン大統領時代、国務長官としてヨーロッパ復興計画であるマーシャル‐プランを提唱。一九五三年ノーベル平和賞受賞。(一八八〇‐一九五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーシャル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マーシャルの関連情報

関連キーワード

ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)アヘン戦争ブルノンビルメンデルスゾーンアーサーアンダーソンウォートルスエンソル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation