@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マーチャンダイジング【まーちゃんだいじんぐ】

知恵蔵

マーチャンダイジング
卸売業者や小売業者のような流通業者が、そのマーケティング目標を達成するために行う商品構成、仕入れ、販売方法、価格設定、陳列、販売促進等を計画・実行・管理すること。商品化計画ともいう。かつては、生産者による最適製品ミックスを実現するための活動を意味することもあったが、近年ではこれをプロダクトプランニングと呼んで区別している。また小売店舗における商品化計画はインストア・マーチャンダイジングと呼ばれている。
(懸田豊 青山学院大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

マーチャンダイジング(merchandising)
消費者の欲求に適合するような商品を、適正な数量・価格で、適切な時期・場所に供給する企業活動。商品化計画。商品政策MD

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーケティング用語集

マーチャンダイジング
企業のマーケティング目標を実現するために、製品やサービスを最適な場所、時期、価格、数量で市場に提供するための計画と管理のこと。
流通業、小売業における重要な要素で、仕入計画や販売管理などとともに、商品力をいかに高めるかが重要となります。
商品力の構成は
・商品品揃え力 : 主力商品を中心とした商品展示数、アイテム数が最適化されているか
・商品構成力 : 売れ筋の商品を適切に配置できているか
・価格競争力 : 競合に比べ価格競争力が十分にあるか
・価格訴求力 : 売り場で価格が顧客にしっかりと伝わっているか
・価値提案力 : 販促ツールなどで商品の価値がしっかりと伝えられているか

出典:(株)マインズ

DBM用語辞典

マーチャンダイジング【merchandising】
正しい商品(Right goods)や正しいサービスを正しい場所(Right place)に、正しい時期(Right timeing)に、正しい量(Rightquantity)で、正しい価値(Right price)でマーケティングするプランニング。いわゆるファイブ・ライト(5 Right)である。アメリカ・マーケティング協会は「マーチャンダイジングは主として卸売業、小売業で用いるものであり、製造業ではプロダクト・プランニング、プロダクト・マネジメントと呼ぶ」と述べている。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集

マーチャンダイジング
マーチャンダイジングとは、市場の動向を把握し需要を刺激するよう計画し生産、販売を行うために行う、商品化計画のことをいう。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

マーチャンダイジング
商品やサービスを開発し、市場に供給するまでの一連の流れに関する計画と管理をいう。 つまり、適正な商品・サービスを、適正な場所で、適正な時期に、適正な数量と適正な価格で市場に出すようコントロールすること。これによりマーケティング戦略の実現を目指す。 メーカーの場合は製品化計画、・小売業の場合は商品化計画ともいわれる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マーチャンダイジング【merchandising】
消費者は,商品を購入するとき,できるだけ自己の欲求を満足させるように商品を選択する。このような消費者の求めに応じて,適切な商品を市場に提供する企業活動がマーチャンダイジングである。1961年のアメリカ・マーケティング協会の定義によれば,〈マーチャンダイジングとは,企業のマーケティング目標を実現するのに最も有効な場所,時期,価格,および数量で,特定の商品またはサービスを市場に送り出すことに伴う計画と管理である〉としている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マーチャンダイジング【merchandising】
マーケティングの一つで、消費者の欲求を満たすような商品を、適切な数量・価格で市場に提供する企業活動。商品化計画。 MD 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マーチャンダイジング
製品計画」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マーチャンダイジング
まーちゃんだいじんぐ
merchandising
マーケティング活動の一部をいい、商品化計画と訳すこともある。これは、市場調査のような科学的手法をもとにして、市場の需要に適合した製品またはサービスを適正な時期と場所で、また適正な価格で流通させるための体系的施策をいう。その具体的内容は、製造業者の場合と流通業者の場合とでは大きく相違する。製造業者の場合には、この内容はプロダクト・プランニングないし製品計画に相当する。そのため、マーチャンダイジングという用語はほとんど使用されない。プロダクト・プランニングとは、顧客の希求する需要内容を正確かつ敏速にとらえ、顧客満足(CS)を実現するような製品の量、質、価格、供給時期、供給方法を計画することをいい、その計画の基本内容は、新製品開発計画と既存製品廃棄計画とから構成される。これに対し、流通業者の場合には、自ら製品を生産しないから、狭義には商品選定と仕入計画からなる品ぞろえになり、広義にとれば価格決定(値入れ、マークアップ、すなわち仕入原価にどれだけマージンを加えるか)、陳列・展示、販売促進などが加わる。いずれにせよ、製造業者と流通業者の相違は、製品開発をするか否かにある。しかしこのことは、流通業者が受動的マーチャンダイジングしかできないことを意味するものではない。製造業者への市場情報の供与や流通業者ブランド製品の存在がそれを証明している。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マーチャンダイジング
〘名〙 (merchandising) 流通業で、商品の仕入れ及び品揃えのこと。製造業においては、製品を市場需要動向にあわせてデザイン、包装、値付け、品質・用途の決定などの商品化計画によって、売れる商品に仕上げること。〔企業をのばす情報管理(1965)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーチャンダイジング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マーチャンダイジングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation