@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マーリーン オッティ

最新 世界スポーツ人名事典

マーリーン オッティ
Merlene Ottey
陸上
陸上選手(短距離)
生年月日:1960年5月10日
国籍:スロベニア
出生地:ジャマイカ・ボンドサイド
学歴:ネブラスカ大学卒
経歴:18歳で陸上の国際舞台に登場。1980年モスクワ五輪女子200メートル銅メダル。’83年世界選手権ヘルシンキ大会100メートル4位、200メートル2位。’84年ロス五輪100、200メートルともに銅メダル。’87年世界選手権ローマ大会100、200メートルともに3位。’88年ソウル五輪200メートル4位。アシュフォード、ジョイナーらに押さえられ世界的な大会では勝てなかったが、スプリンターとしては異例の息の長さで、’89年100、200メートルで世界ランク1位に輝き、’90年には60メートルから400メートルまで36戦全勝の快記録を残す。’91年世界選手権東京大会100、200メートル各3位。’92年2月国際陸上室内競技会(マドリード)で60メートルに6秒96の室内世界記録をマーク。同年バルセロナ五輪200メートルで銅メダル、同100メートル5位。’93年2月国際陸上室内競技会(リーバン)で200メートル21秒87の室内世界記録をマーク。同年8月世界選手権シュトゥットガルト大会200メートルでは悲願の金メダルを獲得。100メートルではライバルのゲイル・ディバーズ(米国)にわずか1000分の1秒差で敗れ銀メダル。’95年8月世界選手権イェーテボリ大会200メートル優勝。同年ジャマイカの親善大使に任命される。’96年5度目のオリンピックとなったアトランタ五輪100メートルではディバーズに1000分の5秒差で負け銀メダル。同年9月TOTOスーパー陸上100メートルでディバースを抑え、優勝。’97年世界選手権アテネ大会200メートル3位。’99年陸上スイス国際競技会のドーピング検査で陽性反応が出たことが判明、出場停止処分を受ける。2000年7月国際陸連(IAAF)から出場停止処分が解かれ、同月イタリア・サルデーニャ島での大会で復帰。同年シドニー五輪100メートルは4位、4×100メートルリレーでは銀メダルを獲得し、五輪での陸上女子最年長メダル獲得記録を更新。ジャマイカに数多くのメダルをもたらした。その後、世代交代を主張するジャマイカ陸上連盟と衝突し、2002年5月長年師事したコーチの出身国スロベニアの市民権を取得。2004年スロベニア代表としてアテネ五輪に出場。7度の五輪出場は女子選手としては最多だが、五輪では銀3個、銅6個と金メダルに縁がなく、“ブロンズ・コレクター”とも呼ばれた。2005年世界選手権大阪大会100メートル出場(1次予選敗退)。2010年欧州選手権の4×100メートリレーで、50歳でアンカーを務め、同選手権の最高齢出場記録47歳を大きく更新した。2012年の欧州選手権にも出場。若い頃は174センチ、57キロの抜群のスタイルでモデルを務めたこともある。

出典:日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

マーリーン オッティ
Merlene Ottey
職業・肩書
陸上選手(短距離) アトランタ五輪陸上女子100メートル銀メダリスト

国籍
スロベニア

生年月日
1960年5月10日

出生地
ジャマイカ・ボンドサイド

学歴
ネブラスカ大学(芸術学)卒

経歴
18歳で陸上の国際舞台に登場。1980年モスクワ五輪女子200メートル銅メダル。◆’84年ロス五輪100、200メートルともに銅メダル。◆’88年ソウル五輪200メートル4位。アシュフォード、ジョイナーらに押さえられ世界的な大会では勝てなかったが、スプリンターとしては異例の息の長さで、’89年100、200メートルで世界ランク1位に輝き、’90年には60メートルから400メートルまで36戦全勝の快記録を残す。◆’92年2月国際陸上室内競技会(マドリード)で60メートルに6秒96の室内世界記録をマーク。同年バルセロナ五輪200メートルで銅メダル、100メートル5位。’93年2月国際陸上室内競技会(リーバン)で200メートル21秒87の室内世界記録をマーク。同年世界選手権シュトゥットガルト大会200メートルで悲願の金メダルを獲得。100メートルではライバルのゲイル・ディバーズ(米国)に僅か1000分の1秒差で敗れ銀メダル。’95年8月世界選手権イェーテボリ大会200メートル優勝。同年ジャマイカの親善大使に任命される。◆’96年5度目のオリンピックとなったアトランタ五輪100メートルではディバーズに1000分の5秒差で負け銀メダル。’97年世界選手権アテネ大会200メートル3位。◆’99年陸上スイス国際競技会のドーピング検査で陽性反応が出たことが判明、出場停止処分を受ける。◆2000年7月国際陸連(IAAF)から出場停止処分が解かれ、同月イタリア・サルデーニャ島での大会で復帰。同年シドニー五輪100メートルは4位、4×100メートルリレーでは銀メダルを獲得し、五輪での陸上女子最年長メダル獲得記録を更新。ジャマイカに数多くのメダルをもたらした。◆◆その後、世代交代を主張するジャマイカ陸上連盟と衝突し、2002年5月長年師事したコーチの出身国スロベニアの市民権を取得。2004年スロベニア代表としてアテネ五輪に出場。7度の五輪出場は女子選手としては最多だが、五輪では銀3個、銅6個と金メダルに縁がなく、“ブロンズ・コレクター”とも呼ばれた。◆◆2005年世界選手権大阪大会100メートル出場(1次予選敗退)。2010年欧州選手権の4×100メートリレーで、50歳でアンカーを務め、同選手権の最高齢出場記録47歳を大きく更新した。2012年の欧州選手権にも出場。◆◆若い頃は174センチ、57キロの抜群のスタイルでモデルを務めたこともある。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーリーン オッティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マーリーン オッティの関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation