@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マールブルク病【マールブルクびょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マールブルク病
マールブルクびょう
Marburg disease
ウイルス性出血熱の一つ。フィロウイルス科のRNAウイルスの感染で起こる。潜伏期は3~10日で,インフルエンザ様の発熱,悪寒,下痢,頭痛・筋肉痛などの痛みから始まり,重症になると,全身の出血,腎臓や肝臓の機能不全,ショック症状などを起こし,致死率は 20%前後になる。ヒトからヒトへは,血液,分泌物,血便などの体液や皮膚に直接触れることから感染する。 1967年ウガンダから輸入されたサルから発生,ドイツのマールブルクなどで流行したほか,1999年にコンゴ民主共和国 (旧ザイール) で大流行したことがある。治療は対症療法にとどまる。感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 (感染症新法) でペストと並ぶ1類感染症に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

マールブルクびょう【マールブルク病】
ウイルス性出血熱の一。元来は西アフリカの風土病。発熱・嘔吐・下痢・発疹などの症状を呈し、重症者では全身の諸器官から出血し、腎不全をきたす。国際感染症の一。マールブルク熱。マールブルグ病とも。 1967年にマールブルク市で集団発生したことから

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マールブルク病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マールブルク病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation