@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マールブルク

デジタル大辞泉

マールブルク(Marburg)
ドイツ中西部の都市。1527年に創設されたドイツ最初のプロテスタント系大学がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マールブルク【Marburg an der Lahn】
ドイツ中西部,ヘッセン州のラーンLahn河畔にある大学都市。人口7万6419(1980)。マールブルク大学はヘッセン方伯フィリップが,1527年ドイツ初のプロテスタント大学として創設。新カント学派のマールブルク学派(コーエン,ナトルプ,カッシーラーら)によっても名高い。木組みの家の立ち並ぶ旧市街はラーン川にのぞむ山の斜面にあり,山上には12~15世紀建造のヘッセン方伯の居城がある。またドイツ初期ゴシックのエリーザベト教会も有名。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マールブルク【Marburg】
ドイツ中部、ライン川支流のラーン川に臨む都市。1527年に創設されたドイツ最初のプロテスタントの大学がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マールブルク
まーるぶるく
Marburg an der Lahn
ドイツ中部、ヘッセン州の大学都市。人口7万7400(2000)。旧市街はラーン川右岸、頂上にヘッセン侯の城館(1122ころ建築)のあるシュロスベルク丘陵斜面にある。中世の町並みをよく残し、狭い路地や石段が多い。ドイツ最古のプロテスタント系大学(1527創立)の伝統を引き継ぐマールブルク大学は、市内各所に分散しているほか、ラーン川左岸(東岸)に理学部、医学部のキャンパスを構えている。旧市街の北部にある聖エリザベス教会(13世紀建立)は、ドイツ最古のゴシック様式教会堂である。工業は、薬品、電気機器、鉄材加工、印刷などがある。[朝野洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マールブルク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マールブルクの関連情報

関連キーワード

尚真王マク氏黎朝崇元寺黎朝オルテリウス酒井忠次守礼門高三隆達フェリペ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation