@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミクロ

デジタル大辞泉

ミクロ(〈ドイツ〉Mikro/〈フランス〉micro)
[名]ごく小さいこと。微小。極微。「ミクロの世界」→マイクロ
[形動]《「ミクロスコピック」の略》微視的であるさま。「ミクロに眺める」⇔マクロ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ミクロ
ミクロ経済学」の

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

ミクロ
〈小さい〉ことを意味するギリシア語に由来する。ここでは英語のmicroscopic(微視的)の省略形として,かつ自然科学の文脈に限って理解することにする。ミクロな視点の取り方は,状況によって多様に変化する。通常目に映る現象マクロと考えれば,現象を原子分子ふるまいで記述しようとする原子論的な立場はミクロということになる。統計力学も,その意味ではミクロである。しかし,統計力学は,原子・分子のふるまいを一つ一つ力学的に時系列内に確定して記述するのではなく,確率論的扱いをする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ミクロ【micro】
非常に小さいこと。微小。また、微視的であること。 → マクロ
マイクロ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ミクロ
(micro Mikro)
[1] 〘名〙 (形動) 非常に小さいこと。極小。極微。また、微視的であるさま。マイクロ。⇔マクロ
[2] 〘語素〙 メートル法などで、基本単位の一〇〇万分の一を単位とする時に、基本単位名の上につけて用いる。一般にはマイクロを冠する。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミクロ
微視的」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミクロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミクロの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation