@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミシシッピワニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミシシッピワニ
Alligator mississippiensis; American alligator
ワニ目アリゲーター科。体長4~5mで,ときに 6mに達する。体の背面は黒みがかった緑褐色で,腹面は白っぽい。吻端は丸く扁平で,頭,胸部の間のくびれがほとんどない。後肢に蹼 (みずかき) がよく発達している。夏に巣をつくり,直径 7cmぐらいの卵を 15~80個産む。産卵後,は土をかぶせてその巣を守り,孵化のとき子ワニ土中から脱出するのを手伝うという。肉食性であるが性質は温順で,ヒトを襲うことはきわめてまれとされる。北アメリカ南東部に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ミシシッピワニ【Mississippi alligator】
アリゲーター科のおとなしい大型ワニ(イラスト)。北緯35゜以南のアメリカのミシシッピ川下流域とフロリダ半島に分布。全長2~3m,最大は約5.7mであるが,現在では大型個体はあまり見られない。吻(ふん)部は幅広く扁平で吻端は丸みを帯びる。口を閉じると原則として下あごの歯は上あごの内側に隠れるが,大きな第4歯がはみ出す個体もある。 後肢のみずかきが発達し遊泳が巧みで,河川湖沼淡水にすむ。マスクラットなどの小哺乳類,小鳥,魚,カエル,ヘビなどをとらえるが,子ワニの間はザリガニなどの甲殻類,水生昆虫が主食

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミシシッピワニ
みししっぴわに
Mississippi alligatorAmerican alligator
[学]Alligator mississippiensis
爬虫(はちゅう)綱ワニ目アリゲーター科のワニ。アメリカ合衆国の北緯35度以南のミシシッピ川下流域、メキシコ湾沿岸地方、フロリダ半島に分布する。全長2~3メートル、最大5.7メートルに達するアリゲーター科の最大種であるが、現在では大形個体はあまりみられない。吻(ふん)部が扁平(へんぺい)で幅広く、吻端は丸みを帯びる。河川、湖沼の淡水に生息し、後肢には水かきが発達して遊泳が巧みである。性質はおとなしく、餌(えさ)は小哺乳(ほにゅう)類、水鳥、魚、カエル、ヘビなどで、幼体ではザリガニなどの甲殻類、水生昆虫が主食である。雌は初夏になると水辺に泥と植物や枯れ枝で巣をつくり、15~80個ほどを産卵し、これを守る。さらに雌親は翌春まで子ワニと過ごし世話をする。[松井孝爾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミシシッピワニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミシシッピワニの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation