@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミスル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミスル
al-Miṣr
エジプトまたはカイロをさすアラビア語。元来ミスルはアラビア語で「町」を意味する。『創世記』に登場するノアの孫にあたるミズライムの名によって名づけられたという。7世紀前半,イスラムアラブ軍が西アジア,北アフリカを征服したとき,各地に軍事都市を建設してアラブ軍戦士を駐屯させた。イラククーファバスラエジプトフスタートなどがそれで,これがミスルと呼ばれた (複数形アムサール amṣār) 。またエジプトはアラブによってイスラム前からミスルと呼ばれており,アラブ征服以後はエジプトのアラビア語での国名となった。 969年カイロ市 (ミスル・アルカーヒラ) が建設され略称としてミスルが用いられるようになったのち,フスタートのほうは古ミスルと呼ばれるようになり,やがて首都カイロの別名がエジプト全体にも用いられるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ミスル【miṣr】
イスラム初期に征服地に建設された軍営都市。複数形はアムサールamṣār。アラブ・ムスリムの勢力が,アラビア半島の外へと拡大し各地を征服した時に,征服地の統治の拠点として,またその後の征服活動の基地として軍営都市が建設された。イラクのバスラクーファ,エジプトのフスタート,チュニジアカイラワーンなどは,新たに建設されたミスルの代表的な例である。またシリアダマスクスヒムスでは,既存の都市の一部を,住民を移転させてアラブ軍の駐屯地とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ミスル
Misr
イスラーム時代初期につくられた軍営地・軍営都市
正統カリフ時代からウマイヤ朝の初期にかけて,アラブ人は征服地の戦略上の要地に戦士たちの駐屯する軍営地を築いた。軍営地の住民は当初アラブ人戦士その家族だけで,征服地の一般住民を隔離・支配していた。征服が一段落すると,各地方の行政と財政の中心地となり軍営都市に発展した。イラクのバスラ(638),クーファ(639),エジプトのフスタート(642),チュニジアのカイラワーン(670)などがその代表例。農村におけるイスラームへの改宗が進むウマイヤ朝後期になると,非アラブ人の改宗者(マワーリー)が軍営都市に移住してくるようになった。その結果,軍営都市は軍事・行政・財政の中枢といった役割にとどまらず,手工業の中心,市場,流通の核になっていった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミスル(Miṣr)
エジプト」の現地での呼称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミスル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミスルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation