@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミッドウェー海戦【ミッドウェーかいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミッドウェー海戦
ミッドウェーかいせん
Battle of Midway
太平洋戦争中の 1942年6月3~5日,日本海軍によるミッドウェー諸島攻略作戦およびアメリカ海軍機動部隊反撃作戦に基づいて戦われた海戦。日本の大敗北となり,以後戦局の主導権がアメリカ合衆国に移るという太平洋戦争の重大な転換点となった。日本は,この作戦立案途上の 4月に,ドゥーリトル隊による東京初空襲(→ドゥーリトル空襲)を受けたことから,索敵海面の拡大とアメリカ艦隊に対する決戦強要によって,アメリカ艦隊の撃滅を早期に実現することを戦略目的とした。日本艦隊は山本五十六長官直率の戦艦『大和』(→大和型戦艦)以下連合艦隊で,主戦兵力は南雲忠一長官の率いる第1航空艦隊の航空母艦空母)4隻,迎え撃つアメリカ艦隊の主力は空母 3隻を基幹とする兵力とミッドウェーを基地とする航空部隊で,直接戦闘を交えた航空兵力はほぼ均勢であった。日本艦隊の索敵は錯誤のため,アメリカ空母部隊の発見が遅れ,ミッドウェー基地航空機と空母の雷撃隊には多大な損害を与えたが,アメリカの急降下爆撃機によって空母 4隻が損傷し,南雲部隊の航空戦力は壊滅,空母の『赤城』『蒼竜』『加賀』『飛竜』などと,兵員 3500人,航空機 300機を失うという惨敗となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミッドウェー‐かいせん【ミッドウェー海戦】
太平洋戦争中の昭和17年(1942)6月5日から7日にかけて、ハワイ諸島北西にあるミッドウェー沖で日米両海軍の機動部隊が繰り広げた大規模な戦闘。日本軍の連合艦隊は空母4隻をすべて失う大敗を喫し、作戦の主導権を米国に奪われた。
豊田穣による戦記文学作品。昭和26年(1951)刊行。同年、第1回岐阜県芸術文化顕彰を受賞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ミッドウェーかいせん【ミッドウェー海戦】
太平洋戦争初期の1942年6月5日~7日,中部太平洋ミッドウェー島周辺海域で行われた日米両国機動部隊による海戦。連合艦隊司令長官山本五十六大将は,ミッドウェー島を攻略することにより,アメリカ空母を誘出して捕捉撃滅する機会を作るとともに,同島を哨戒基地として東方から日本本土に対する攻撃を防衛しようと企図し,連合艦隊の大部分を率い,ミッドウェー島に向かった。日本機動部隊(南雲忠一中将指揮,空母4隻基幹)は6月5日早朝ミッドウェー島の北西海面から陸上基地を攻撃し,これに再攻撃を準備中,東方にアメリカ機動部隊(スプルーアンス少将指揮,空母3隻基幹)を発見した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ミッドウェーかいせん【ミッドウェー海戦】
1942年(昭和17)6月5日、ミッドウェー島沖で行われた日米両軍による海戦。日本機動部隊は、四隻の空母および多くの搭乗員を失い、戦局に一大転機をもたらした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミッドウェー海戦
みっどうぇーかいせん
太平洋戦争中、日米両機動部隊の間で戦われた海戦。1942年(昭和17)4月の米機動部隊による本土空襲に衝撃を受けた日本海軍は、防衛ラインの拡張と米機動部隊への決戦の強要とを目的としてミッドウェー島攻略戦を決定し、連合艦隊の総力をあげて同島周辺海域に出撃、6月5日には同島への空爆を実施した。しかし索敵活動を軽視したため反撃に出た米機動部隊の発見が遅れ、攻撃部隊の発進準備中に米急降下爆撃機の急襲を受けて大損害を被った。この海戦で日本側は赤城(あかぎ)、加賀、蒼龍(そうりゅう)、飛龍の四主力空母と重巡一隻が沈没し航空機約300機と多数の熟練パイロットを失ったのに対し、米軍の損害は空母一隻沈没、航空機150機喪失にとどまり、その結果、制空・制海権の確保に支えられた緒戦における日本軍の優位は崩壊し、以後太平洋戦争は連合軍の反攻という新しい局面に突入する。[吉田 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ミッドウェー‐かいせん【ミッドウェー海戦】
(ミッドウェーはMidway) 昭和一七年(一九四二)六月五~七日、ミッドウェー島沖で行なわれた日本とアメリカとの海戦。日本の連合艦隊は急降下爆撃機の急襲をうけ、多数の搭乗員を失い、また最精鋭空母四隻に加え、多くの飛行機を損失した。この結果、海上作戦の主導権を奪われ、以後太平洋戦争の戦局は日本の敗勢へと転回した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ミッドウェー海戦
ミッドウェーかいせん
Midway
太平洋戦争中の1942年6月,日本連合艦隊が中部太平洋のミッドウェー島沖でアメリカ艦隊と交戦し,大敗北を喫した海戦
この海戦で日本は主力の航空母艦と多数の航空機とを失い,太平洋における制海・制空権を喪失,太平洋戦争敗北の転機となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

ミッドウェー海戦
ミッドウェーかいせん
太平洋戦争中の1942年6月,日本海軍がアメリカ軍と交戦し大損害をうけた海戦
珊瑚 (さんご) 海海戦(1942)後,日本海軍はアメリカ艦隊に決戦をいどみ,ミッドウェー島に迫ったが,日本の連合艦隊の主力は壊滅的打撃をうけた。これ以後,日本軍は太平洋での制海権・制空権を失い,劣勢に転じ,太平洋戦争の戦局は大きく転換した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミッドウェー海戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミッドウェー海戦の関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンアントニー ビーバーアンガー第2次世界大戦第2次世界大戦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation